ノートパソコンの選び方

ノートパソコンやモバイルノートは、現在の主流なだけにラインナップが豊富に揃っています。 ですがノートパソコンはディスプレイやキーボードも一体化してあり、交換しようと思ってもできないので、購入する際は慎重に選ぶことをオススメします。

このページでは、ノートパソコンを選ぶ時のポイントや、高性能なお買い得品の選び方などを紹介するので、ノートパソコン選びの参考にして頂ければ幸いです。

携帯性を重視して選ぶ

ノートパソコンを実際に使用する際に直結する重要なスペックの一つが携帯性です。 自宅だけでなく、外出先でもノートパソコンを使うつもりなら、液晶の大きさで決まる大体の本体寸法や、重さに注目してノートパソコンを選ぶようにしましょう。

頻繁に持ち歩くなら13インチクラスがオススメですが、15インチ以上になるノートパソコンは購入しないようにしましょう。 なぜなら15インチ以上の製品は2kg以上の重さのノートパソコンが多く、持ち運びに向いていないからです。

逆に画面が小さく軽量なノートパソコンは、携帯性は優れていますが性能面で満足できない可能性が高くなります。 ですが13インチクラスのノートパソコンなら、携帯性と性能のバランスが取れた製品が多いので、持ち運びを重視するならその辺りが狙い目となります。

なおノートパソコンは14インチまでが持ち運びできるレベルとなってます。 仮に15インチ以上のノートパソコンを購入した場合は、サイズが大きい上に重く、デスクトップパソコンと同じような使い方になってしまう事が多いので気を付けましょう。

持ち運び前提なら13~14インチが無難なサイズ・重さなので、PC選びの参考にして下さい。

液晶別の本体寸法と重量
液晶サイズ 本体寸法(縦×横mm) 重量(kg) 特徴
11.6インチ 286×193 0.98 低スペックのノートパソコンが多いが、軽量で小さいため持ち運びに向いている。
12.1インチ 284×204 1.02 価格が高価だが、軽量で高性能なパソコンが多い。
13.3インチ 324×215 1.17 性能と携帯性のバランスがとれた製品が多いサイズ。また豊富な機種が揃っているため、選択肢の幅が広い
14インチ 333×229 1.36 持ち運ぶのに限界の大きさ。
15.6インチ 380×260 2.3 大画面で見やすいが、持ち運びには向いてない

ディスプレイの外しやすさを確認

キーボードとディスプレイの分離の例

ノートパソコンを選ぶ時は、重さ以外にもディスプレイの外しやすもチェックしておいた方が無難です。

例えばwindows8の登場以降、利用シーンに合わせて、ノートパソコンとしても使用できる高性能タブレットの種類が増えてきています。 それらはディスプレイを外せばタブレットとして、キーボードを装着すればノートパソコンとして使う事ができます。

キーボードが付属する2in1型のタブレットは、携帯性が重要視されるため、選択の際は重さやバッテリー持続時間が注目されがちです。 ですが頻繁に分離・接続して使うのであれば、タブレット部分とキーボード部分の取り外し・取り付けがスムーズにできるかどうかを確認しておくことをオススメします。 例えば、ひっかかりがないか、余計な力が必要ないか、などを確認してみて下さい。

また通常のノートパソコンよりも画面の大きさやキーボードの間隔が狭い事が多いため、購入の前に実機を一度触って確認して見て下さい。

なお実機で確認する部分は上記でも書きましたが、「キーボードの分離がスムーズかどうか」「切り離し用スイッチは操作しやすいか」「接続時に余分な力が必要ないか」といった点を確認しておくと、失敗せず選ぶことができます。

カタログ以外でチェックすべきポイント

スペックと価格だけでノートパソコンを選ぶなら、家電量販店やPCショップなどの通販で購入すればいいですが、パソコンにはスペックだけで判断できない部分もあります。

例えば、キーボードの打ちやすさやキー配置、USBなどの外部端子の位置、ディスプレイの見やすさ、動作騒音などは、実際に店頭に行ってノートパソコンを触ってチェックするしかない部分です。

ですが、見るべきポイントが分からないまま店頭に行っても意味がありません。 ですので店頭でPCを触る際は次の4つを必ずチェックして、ノートパソコンを選ぶようにして下さい。

  • ディスプレイの見やすさ
  • キーボードの配置・大きさ
  • 動作時の騒音
  • インタフェースの位置

またこれらのポイントは国内メーカーだと問題になりずらいですが、低価格の海外メーカー製ノートパソコンだと「使いづらい」という事が多いので気を付けて下さい。

ちなみに実際にPCに触ってみることで、使い勝手を「どの程度妥協できるか」という判断もしやすくなるので、ノートパソコンを選ぶ際はできる限り触ってみることをオススメします。

ディスプレイの見やすさ

ディスプレイの見やすさ

低価格のノートパソコンの場合は、ディスプレイの品質が犠牲になっている事が多いです。
例えばPC本体を少し傾けただけで画面が見づらくなるようなノートパソコンもあるので、注意して下さい。

ちなみにゲームをする目的以外の場合なら「IPS」か「VA」のディスプレイがオススメです。

海外製のノートPCのキーボード

キーボードの配置・大きさ

海外製のノートパソコンのキーボードは、文字プリントが英字だけの場合があります。

また「Enter」キーが小さすぎる事もあるので、選ぶ際はキーの大きさや文字表記を必ず確認するようにしましょう!

インタフェース

インタフェースの位置

外部端子の位置は製品カタログなどの写真でも確認できます。ですが、写真と実際に触れた時の間隔は大分違う事が多いです。

また各端子間のピッチもチェックしておくことをオススメします。 なお外部端子の数と種類は必ず確認しておくようにしましょう。

動作時の騒音

ノートパソコンに高負荷をかけた時、意外とファンの動作音がうるさい事があります。そのため店頭でチェックする際は、高負荷でも静かに動作するかどうか確認しておきましょう。

チェック方法はYoutubeなどでHD動画を複数再生し、その時のファンの動作音などを確認すれば、高負荷時の動作音が大体分かるかと思います。

ノートパソコンがお得に購入できる時期

ノートパソコンの値下がり目安表

ノートパソコンを購入する時は、次モデルの発売前後の型落ち機を選ぶと「定価の半額」で買える事があります。

例えば、メーカー製パソコンの新製品が発表される時期は1年で3回あります。 (1月-春モデル / 4~7月-夏モデル / 10月-秋冬モデル)

発売直後はメーカー希望小売価格とほぼ変わらない値段で販売されますが、どのノートパソコンも発売から2ヶ月ほど経過すると30~40%ほど値下がりする傾向にあります。 ですので新製品を安く買いたい時は、2ヶ月経過するのを待って購入すると一番お得に買う事ができます。

またもっと安く買いたい場合は、新モデルの発売前後まで待ちます。 そして現行機が「型落ち」になるタイミングを狙うと、発売時の約50%ほど値下がりしている事が多いため、かなりお買い得に購入することができます。

ちなみにPC発売から5ヶ月程度なら性能面で大きな差は出ないため、急がないならそういった時期を狙ってパソコン選びをする事をオススメします。

備考

このページでは、ノートパソコンに限った選び方を紹介しましたが、パソコン全般に関する選び方などは下記ページに記載しているので、参考にしてみて下さい。 必要になるスペックや種類、その他について記載しています。

初心者が失敗しないパソコンの選び方・購入ガイド
出典 : Designed by Freepik パソコンを購入する時、量販店の定員がオススメするパソコン...