windowsでアプリをアンインストール(削除)する方法

出典 : Designed by Freepik

Windows(パソコン)で不要なアプリケーションをアンインストール(削除)する方法の紹介です。

パソコンの中に使わない不要なアプリケーションがたくさんあると、ハードディスクの圧迫やファイル断片化を起こしてパソコン自体の動作が遅くなることがあります。 ですが使用していないアプリケーションをアンインストール(削除)する事で、パソコンの処理速度が向上し軽くなることがあるので是非試してみて下さい。

Windowsでアプリをアンインストールする操作手順

パソコンにインストールされているアプリケーションは、基本的にはコントロールパネルからアンインストールする事ができます。 このページではWindows8.1を使用してアプリをアンインストールする方法を紹介しますが、Windows7以下のパソコンでも操作方法は、ほぼ同じなので参考にして下さい。

コントロールパネルの開き方

まずはキーボードの「Windows」キーと「X」キーを同時に押して「コントロールパネル」を開きます。

※Windows7以下の場合は、「スタート」メニューから「コントロールパネル」を開きます。
※Windows xp以下の場合は「スタート」から「設定」を選択し「コントロールパネル」を開きます。

※Windows10の場合はスタートメニュー(windowsボタン)から設定をクリックし、システムを選択します。

プログラムのアンインストールの場所

コントロールパネルが表示されたら、プログラムの項目から「プログラムのアンインストール」をクリックします。

※Windows10の場合は「アプリと機能」をクリック

「プログラムと機能」の画面

すると「プログラムと機能」が表示され、パソコンにインストールされているアプリケーションが表示されます。 ここでアンインストール(削除)したいアプリをクリックすると、上に「アンインストールと変更」の項目が表示されるのでクリックします。 (削除したいアプリを右クリックしても、不要なプログラムを消去することができます)

※Windows7以下の場合は「アンインストール」、Windows xp以下の場合は「変更と削除」と表示されます。

※Windows10の場合は、「アプリと機能」の画面でアプリを選択すると右下にアンインストールが表示されます。

そうするとアプリケーションがアンインストールされます。 ですが削除するアプリによっては、これ以降の操作手順が異なる事があるので画面の指示に従って削除を実行して下さい。

備考

アプリケーションによってはアンインストールするとまずいものがあります。 例えばウイルス対策などのセキュリティソフトなど色々あります。

ですので削除する前にそのアプリの内容を確認してからアンインストールするようにして下さい。

またその他にもパソコンを軽くする方法は色々ありますので、下記ページなどを参考にして下さい。

動作が重い(遅い)パソコンを軽くして高速化する方法
動作が重い(遅い)パソコンを軽くして高速化する方法
出典 : Designed by Freepik パソコンを購入した時は動作が軽かった(快適だった)のに、...