Windowsスタートアップを無効・有効にする方法

出典 : Designed by Freepik

Windowsのシステム起動時に自動で起動するスタートアッププログラム(常駐プログラム)を無効・有効にする方法を紹介します。

Windowsスタートアップを無効にすることで、Windowsの立ち上がりがスムーズになる事があります。 またパソコンの動作自体が軽くなることがありますので、パソコンが重いと感じる場合は是非試してみて下さい。

Windowsスタートアップとは

Windowsスタートアップは、Windowsの起動と同時に自動で起動するプログラムの事です。 スタートアップは大きく分けると2つあり、次のようになってます。

  • Windowsの起動後に自動でアプリケーションを起動させるWindowsの機能
  • Windows起動時に実行されるプログラムやサービス

PC起動時にアプリケーションが起動するスタートアッププログラムの中には、不要なものもあります。

もちろん必要なプログラムなら問題ありませんが、必要のないプログラムでも常時起動しているわけですから、その分パソコンの動作が遅くなってしまいます。 ですので少しでもパソコンを軽くしたいなら、不要なスタートアッププログラム(常駐プログラム)を停止する事をオススメします。

スタートアップを停止するには

スタートアッププログラムの動作を停止するには、「スタートアップ」フォルダ内のショートカットを削除する事で停止できます。 またそのフォルダ内にショートカットを入れる事で、プログラムを新たにスタートアップに登録する事もできます。

ここではWindows8.1を使用し解説していきますが、Windows7以下でも方法はほぼ変わらないので参考にして下さい。

エクスプローラーの開き方

まずはキーボードの「Windows」キーと「X」キーを同時に押してエクスプローラーを開きます。

※Windows7以下の場合は、「スタート」メニューから「すべてのプログラム」を選択し、「スタートアップ」をクリックして下さい。 それで「スタートアップ」を開くことができます。

エクスプローラーの画面

エクスプローラー(PC)を起動したら、上部にあるメニューから「表示」をクリックします。 そして「隠しファイル」の項目にチェックを入れます。

すると隠しファイルが表示されるようになるので、次の順序で「スタートアップ」フォルダを開いてください。

  1. 「ローカルディスク(C:)」をダブルクリック
  2. 「ユーザー」をダブルクリック
  3. 「任意のユーザー名」をダブルクリック
  4. 「AppData」(隠しフォルダ)をダブルクリック
  5. 「Roaming」をダブルクリック
  6. 「Microsoft」をダブルクリック
  7. 「Windows」をダブルクリック
  8. 「スタートメニュー」をダブルクリック
  9. 「プログラム」をダブルクリック
  10. 「スタートアップ」をダブルクリック
スタートアップフォルダの画面と操作方法

「スタートアップ」フォルダ内に入っているプログラムは、全てパソコン起動時に作動するプログラムです。 不要と思われるファイルを右クリックし、「削除」を選択する事でスタートアップを停止することができます。

また「スタートアップ」フォルダ内にプログラムを配置すると、スタートアップに登録することができます。 そしてWindowsを再起動すると、自動でアプリケーションが実行されているのが確認できます。

ちなみに「スタートアップ」フォルダ内にあるものはショートカットになるので、削除してもプログラム自体が削除されることはありません。 例えば間違って削除した場合でも、再びプログラムをスタートアップに登録する事で元通りになります。

システム構成を利用してスタートアップを無効・有効にする

システム構成を利用してスタートアップを無効・有効にすることで、Windows起動時に実行するサービスやプログラムも停止することができます。

「ファイル名を指定して実行」の画面

まずはキーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。 (Windows7未満の場合は、「スタート」から「プログラムとファイルの検索」を開いてください)

そして「msconfig」と入力し「ok」をクリックします。

システム構成の画面

「システム構成」が表示されるので、「スタートアップ」タブをクリックします。 するとパソコン内のすべてのスタートアッププログラムが表示されます。 (Windows8以上の場合は、「スタートアップ」タブから「タスクマネージャーを開く」でスタートアッププログラムが表示)

※「サービス」タブをクリックすると、実行中のサービスなどが表示されます。

スタートアッププログラムの無効・有効設定画面

自動的に起動する必要のないプログラムを選択し、下の「無効にする」をクリックするとスタートアップを無効・有効にできます。

※Windows7以下の場合は、プログラムの項目にチェックを入れ、「ok」をクリックする事でスタートアップが有効、チェックをはずすと無効になります。

ちなみにこれらのスタートアップ項目の中にはWindowsやアプリケーションを動作するのに必要なプログラムが含まれています。 ですので、むやみに停止するとコンピューターの一部の機能が使用できなくなる恐れがあります。

常駐プログラムを停止する際は、念のためプログラムの内容を確認してから無効にすることをオススメします。

またシステム構成を変更する際に、パソコンの再起動が必要な場合があります。 その際は起動中の全ての画面を閉じてからパソコンを再起動して下さい。

無効にしても問題ない常駐プログラム

無効にしても問題ない常駐プログラムは、adobe関係、bluetooth関係、msmsgs、msnmsgr、Windows Live Messengeなど色々あります。 その名称を検索すれば、どんな内容になっているか確認できるので、停止する前に確認して下さい。

また「windows」と付くものは、システム関連のものである可能性が高いので停止する前に必ず確認してみて下さい。

ちなみに下記サイトなどで不要なスタートアッププログラム、サービスについて掲載されています。

http://mikasaphp.net

備考

パソコンの動作を軽くする方法は他にも色々あります。 例えばデフラグやメモリ増設など、様々な方法がありますので下記ページも参考にしてみて下さい。

動作が重い(遅い)パソコンを軽くして高速化する方法
動作が重い(遅い)パソコンを軽くして高速化する方法
出典 : Designed by Freepik パソコンを購入した時は動作が軽かった(快適だった)のに、...