ディズニーチケットを格安で購入!お得に割引する方法とは

東京ディズニーランド(TDL)や東京ディズニーシー(TDS)のチケット代は年々値上がりしていますが、通常よりも格安で購入する方法があります。

日本のディズニーリゾートのチケット(パスポート)代は、海外のディズニーワールドよりも安く設定されていますが、数百円でも値上がりしてしまうと痛いですよね。 5年前までは6,200円だったのに、今ではチケット代が7,400円もしてしまいます。

そこでディズニーチケットを少しでも安くお得に割引する方法を紹介したいと思います。格安のディズニーチケットはどこで買えるの?」という疑問などもあると思うので、それぞれ詳しく紹介していきますね。

格安のディズニーチケットはある?お得に割引するには

disney-ticket7

ディズニーランド・ディズニーシーのチケットを通常価格よりも格安で購入する方法はあります。 詳しくは下記で紹介しますが、一般的には次の3種類が毎年恒例で販売されている割引チケットとなります。

  • キャンパスデーパスポート
  • 首都圏ウィークデーパスポート
  • 夏5パスポート

上記のディズニーチケット以外にも格安で買えるパスポートはありますが、上の3種類が簡単に手に入りやすい割引チケットとなってます。 大体500円~1,000円ほど割引されるので、通常よりは圧倒的にお得です!

また一般的なディズニーチケットの価格は次の表のようになっているので、これから紹介する格安チケットの割引率の参考にしてみて下さい! それでは早速、格安で購入できる割引チケットを紹介していきますね! 一番最後に簡単でもっとも安く買える裏技を掲載してます

ディズニーチケットの種類と料金
券種・チケット名 内容 料金
大人(18歳以上) 中人(12~17歳) 小人(4~11歳)
1デーパスポート 1デーパスポート TDL・TDSのどちらかで1日遊べる 7,400円 6,400円 4,800円
シニアパスポート 65歳以上を対象とした1デーパスポート 6,700円
マルチデーパスポート 2デーパスポート TDL・TDSに2日連続で入園できる。チケット購入時に1日目と2日目にどちらのパークで遊ぶか選択する 13,200円 11,600円 8,600円
3デーマジックパスポート 3日連続で入園できる。3日目移行は両パークに入園可能 17,800円 15,500円 11,500円
4デーマジックパスポート 4日連続で入園できる。3日目移行は両パークに入園可能 22,400円 19,400円 14,400円
夜間パスポート アフター6パスポート 祝日を除いた平日の18時以降にTDL・TDSのどちらかに入園できる 4,200円 4,200円 4,200円
スターライトパスポート 土日・祝日の15時以降にTDL・TDSのどちらかに入園できる 5,400円 4,700円 3,500円
年間パスポート 年間パスポート(TDL/TDS) TDL・TDSのどちらかを1年間楽しめる。入場制限時にも入園可能 63,000円 63,000円 41,000円
シニア:53,000円
2パーク年間パスポート TDL・TDSの両パークを1年間楽しめる。ただし入園制限時は入園不可 93,000円 93,000円 60,000円
シニア:79,000円

※マルチデーパスポートは差額分を支払う事で、1デー→2デーというようにアップグレードできます。 ただしパーク退園後は未使用日が残っている場合のみ可能で、ダウングレードする場合は変更手数料(200円)、予約取消料(200円)が発生します。

キャンパスデーパスポート

毎年1~3月に販売されている学生向けの割引チケット。 中学生・高校生・大学生などが対象となっており、チケット購入時や入園時に学生証の提示が必要となってます。

また料金は「キャンパスデーパスポート」の場合、大学生が6,800円、高校生・中学生が5,800円となっており、通常価格より600円もお得に割引されてます。

販売期間は2017年の場合、2016年11月6日~2017年3月17日となっていました。 そして2017年のキャンパスデーパスポートの対象期間は2017年1月6日~3月17日となっていましたので、今後のご参考までに。

ちなみに連続2日間ディズニーランドとディズニーシーを自由に行き来できるチケット「キャンパス2デーパスポート」というのも販売されています。 こちらは大学生が13,200円、中高生が11,600円となってます。

なおキャンパスデーパスポートは、下記の場所で購入できます。

首都圏ウィークデースペシャルパスポート

首都圏ウィークデースペシャルパスポート

毎年4月~7月に販売されている格安割引チケットです。 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨)に在住・在勤・在学の人を対象とし、指定期間の平日限定で利用できます。 価格は大人6,400円、中人5,500円、小人4,100円となっており、通常のディズニーチケットよりも700円~1,000円も割引されます。

購入は東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト、各パークのチケット販売窓口、旅行代理店、コンビニ、ディズニーストアなどでできます。 ただしオンラインで購入する場合、在勤、在学の方は対象外となります。

TDR・TDSのチケット販売窓口で購入する場合は、「首都圏ウィークデーパスポート」を買いたいことをキャストに伝え、首都圏に在住、在勤、在学の確認ができるものを提示する必要があります。

詳しくは「期間限定・便利なチケット情報 – 公式サイト」に掲載してあるのでご確認下さい。 (上記ページはチケットの対象期間中のみ掲載されてます)

夏5パスポート

毎年5月~8月に販売されている割引チケット。 アフター6パスポートと同じ値段で、対象期間中(2016年の場合7月~8月)の祝日を除いた平日の17時以降入園できます。

ちなみに夏5ウィークデーパスポートの対象期間中は「アフター6パスポート」は販売されないようです。 価格としては本当に微妙に割引されてます。

地域限定パスポート(県民パスポート)

地域限定パスポート販売ページサンプル

期間限定で対象のエリアに住んでいる人限定で購入できる格安チケットです。 例えば愛媛、静岡、三重、岐阜などの東海エリア在住の人限定であったり、各都道府県の県民の日あたりに販売される事が多いチケットとなります。

そのエリアによって割引率は異なり、約1,000円ほど割引されるので、通常よりかなり格安で購入することができます。 販売場所は対象地域のコンビニ、旅行代理店などとなってますが、公式サイトでは告知されないので注意して下さい。

またディズニーリゾートでチケットを購入する際は「購入申込書」をダウンロードしておく必要があるようです。 そして旅行代理店などでパック旅行を申込むと「地域限定パスポート」が購入できる地域もあるようなので、チェックしてみて下さい。

ファンダフル・ディズニーの割引チケット

ファンダフル・ディズニー

東京ディズニーリゾート・オフィシャルパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」で販売されているメンバー限定割引チケットです。

1デーパスポートの場合であれば、大人6,800円、中人5,900円、小人4,400円となっているため、通常より400円~600円も安くチケットを購入することができます。

ただし年会費が3,240円ほど掛かりますが、スペシャルグッズやメンバーズカード、会員限定イベントなどに参加できるなどの特典があります。 さらにファンクラブイベントでは、食事をしながらキャラクターグリーティングできるイベントなどがあるので、結構楽しめます。

またパークチケットの割引はメンバーズカードを提示すると通常よりも安くなりますが、1年間で3回まで(1回につきパスポート6枚まで)特別価格でチケットを購入することができます。 なので2人でパークを訪れた場合はあまり割引されませんが、大人6人で来園した場合であれば、1回の利用で3,600円も割引してもらえる事になります。 という事は3回利用すれば10,800円もお得になります。

少人数の場合はあまりメリットがないですが、来園するグループの人数が多い場合は年会費を考慮しても、かなり格安でディズニーチケットを購入することができるのでオススメです!

スポンサーパスポート

ディズニースポンサー掲載ページ

スポンサーパスポートとは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの運営会社「オリエンタルランド」のスポンサー企業に勤務している人限定で購入できる格安パスポートです。

スポンサー企業は上記のページからチェックできますが、例えばパナソニックやドコモなどもスポンサー企業の一つとなります。

そしてこのチケットはスポンサー企業に勤めてなくても入手することができます。 例えばスポンサー企業の担当者、知人、もしくは友人と個人的に交渉するなどすれば、簡単にチケットをゲットする事が可能です!

ちなみに価格はスポンサーによって違うと思いますが大体、大人5,400円となるため、通常より2,000円も割引されている格安チケットとなってます。 (中人・小人のチケットはない)

なおこのチケットはパークが入場制限中、または日付指定券限定入園日でも入園することができるのでオススメです!

コーポレーションデーチケット

コーポレーションデーチケット販売サイト

毎年1月~2月ごろに販売されているお得なディズニーチケットです。 生協の会員限定で購入でき、大人6,800円、中人5,800円、小人4,400円となってます。

割引率は400円~600円となっているので、ディズニー公式サイトでチケットを購入するのとあまり変わらないかもしれません。 また販売場所は生協のカタログなどにラインナップするので、チェックしてみて下さい。

なおコープのチケット情報・申込・予約のページでも販売されるようです。

ディズニーコーポレートプログラム

ディズニーコーポレートプログラム

2016年に終了した「マジックキングダムクラブ」の代わりとなる福利厚生プログラムで、オリエンタルランドの契約企業・団体が「東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム」に加入している場合、その従業員が購入することができるチケットです。

いわゆる契約企業や団体にチケット代の一部を補助してもらう事で、そこの企業に勤める従業員が特別価格で購入できるようになるというシステムです。 企業が補助額を自由に選べるので、チケット代金は会社によって違います。

ちなみに補助額は次の6通りとなってます。

  • 500円
  • 1,000円
  • 1,5000円
  • 2,000円
  • 2,5000円
  • 3,000円

またディズニーリゾートのチケット以外にも、ディズニーホテルやファンダフル・ディズニーの年会費などにも充てる事ができます。 利用方法などは「コーポレートプログラム利用券」のご利用方法 – 公式サイトに掲載してあるので、ご参考までに!

サンクスフェスティバル

サンクス・フェスティバル説明ページのスクリーンショット

サンクスフェスティバルは「東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム」に参加している団体を対象に行われている特典です。 期間限定でディズニーチケットが特別価格で購入できるようになります。

割引率は300円~600円となってますが、コーポレートプログラム利用券と合わせて使えるので、かなり格安料金でチケットを買う事ができます。

チケット料金
大人:6,800円
中人:5,800円
小人:4,500円
利用期間
2017年9月1日~9月30日
2018年1月~2月

※利用期間は土日祝日を含む全日

チケットキャンプを使用する

チケットキャンプ

チケットキャンプとは、国内最大級のチケット売買サイトのことです。 個人間でのチケットのやり取りになりますが、このサイトなら保証がしっかりしているので、偽造チケットや万が一届かない事があっても「全額返金」してもらえます。

またディズニーチケットは現在二次元コードを読み取る形になっているので、外見からは使用済みか判断できません。 そのため本来であればどんなに格安でも、ヤフオクなど、個人間での売買は避けるべきなのですが、チケットキャンプなら保証がついており、登録料・利用料などが無料なのでオススメです。

さらに利用者も多いため、1デーパスポートなら2,000円近く割引されて格安販売されているチケットもあります。 出品数も多く誰でも安全に今すぐ利用できるので、ディズニーチケットを格安で購入したい場合は是非チェックしてみて下さい。

» チケットキャンプ

まとめ

以上、ディズニーチケットを格安で購入する方法でしたが、いかがでしたでしょうか。

一番簡単なのは公式サイトの割引チケットを入手する事なんですが、それよりも安くゲットしたい場合は間違いなく、チケットキャンプがオススメです。

またパスポートのデザインは定期的に変更されていて、2017年現在ではTDS15周年の各キャラクターがデザインされているチケットとなっているので、チェックしてみて下さいね!