ディズニーランド攻略!ファストパスの裏技まとめ

今や大混雑しているディズニーランドですが、パークでの人気アトラクションともなると2~3時間待ちは当たり前ですよね。 しかし、一部のアトラクションで導入されているファストパス(FP)を使うと、待ち時間を大幅に短縮することができます。

ファストパスはディズニーランド攻略の決め手と言ってもいいほど、超便利なので、今回はあまり知られていないファストパス(FP)の裏技を紹介していきたいと思います。 そしてディズニーランド攻略ということですが、ディズニーシーでも使えるファストパスの裏技なので是非ご活用下さい。

ファストパス(FP)とは

ファストパス

出典 : Express Monorail

まずはディズニーランド・シーで使えるファストパス(FP)の仕組みから紹介していきたいと思います。 攻略・裏技情報がすぐに見たい場合は飛ばして下さい

ファストパスとは、ディズニーランド・シーの入園者なら誰でも無料で利用できる整理券のようなものです。

ファストパスを使うと待ち時間が1時間待ちのアトラクションでも、10~20分程度で済む場合がほとんどとなります。 (ちなみに、ファストパスを使わず通常通り並ぶことを「スタンバイ」といいます。)

またファストパスの利用は無料となっていますが、枚数に制限があるため「早い者勝ち」となってます。 そのため午前中に発券が終了なんて事もあります。

ファストパスの入手場所

出典 : Tom Simpson

ファストパスはアトラクションの近くにある自動発券機で、入手することができます。

ディズニーランドの入園チケットを発券機に入れると、使える時間帯が書かれたファストパスが発行されます。 ちなみにパークの入園に使っていないチケットを入れても、ファストパスは発行されないので注意して下さい。

またファストパスの利用時間帯は混雑状況によって10分~1時間くらいの幅がありますが、その時間帯を過ぎてしまうと使えなくなるので注意して下さいね。

ちなみにサプライズファストパスというものもあって、ファストパスがないアトラクションに対応したチケットが出てくる事もあります。

  • ウエスタンランド・シューティングギャラリー(ディズニーランド)
  • シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ(ディズニーシー)
  • トランジットスチーマーライン(ディズニーシー)
  • アクアトピア(ディズニーシー)

上記のアトラクションに対応したチケットが出てくることがあるので、もし出てきたら行ってみて下さいね。

複数の入手は不可

ファストパスは、そのチケットに記載されている時間をすぎないと他のアトラクションで発券されない仕組みになってます。 つまり一度に複数のアトラクションのファストパスは入手できないという事です。

なので次に発券される時間を確認してみて下さい。 ちなみに大体2時間前後かかります。

ファストパスの利用方法と導入アトラクション

出典 : Express Monorail

ファストパスを利用する流れは次のようになってます。

  1. 発券機に表示されてる利用時間をチェック
  2. 入園チケットを発券機に入れ、ファストパスを発行
  3. ファストパスに記載されている時間内にアトラクションへ向かう
  4. ファストパス専用の入り口から入る

流れは大体こんな感じなので、是非利用してみて下さいね。 ちなみにディズニーランドとシーでファストパスがあるアトラクションは次のようになってます。

ディズニーランド(TDL)のアトラクション

  • スプラッシュ・マウンテン
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スペース・マウンテン
  • ホーンテッドマンション
  • スター・ツアーズ
  • プーさんのハニーハント
  • モンスターズ・インク「ライト&ゴーシーク」
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

ディズニーシー(TDS)のアトラクション

  • タワー・オブ・テラー
  • ストームライダー
  • トイ・ストーリー・マニア
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • レイジングスピリッツ
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース

ファストパスの裏技・便利技

ここからはディズニーランド・シーで使えるファストパスの裏技・便利技を紹介していきます。

紹介する前に絶対チェックしておいて欲しい事なんですが、ファストパスを発券する前に必ず発券機の上に表示されているアトラクションの利用時間帯をチェックしましょう。 そしてレストランの予約時間やショー・パレードの鑑賞時間と被らないように調整しましょうね!

時間帯を調整する方法

どうしても利用したくない時間帯ってありますよね。 そういう時はファストパス発券時に後ろに並んでいる人に順番を譲って「時間帯の調整」をしてみて下さい。

ちょっと恥ずかしい気もしますが、後ろに並んでいる人とどこかで会う事ってないですよね。 なので恥ずかしさを忘れて、ディズニーランドを快適に楽しむためにも是非試してみて下さい。

ちなみに発券する時間が遅くなるほど、アトラクションの利用時間帯も遅くなります。

ファストパスをまとめて入手

ファストパスは本人でなくても発券することができます。

なので一緒にディズニーランドに行くグループ内の代表者に、当日入園に使ったチケットを渡して、ファストパスをまとめて入手するようにしましょう。 そうすれば他の人が違うアトラクションに並んだりする事ができるので、大幅に待ち時間を短縮するなど効率的に動けます。

人気アトラクションから

人気アトラクションは通常に並んだ場合の待ち時間が長い上に、ファストパスの発券も早い時間に終了してしまう場合があります。 なのでまずは、一番人気のあるアトラクションのファストパスを入手するようにした方が効率的です。

そしてディズニーランド・シーの攻略の基本としては、まずは1番人気のアトラクションのファストパスをゲット! 次にディズニーランド・シーが比較的空いてる内に、2番人気のアトラクションに通常で並ぶのが基本となります。

ですが、アトラクションの混雑具合に応じて変えていくのが最も効率的です。 例えば1番人気のアトラクションの通常での待ち時間が短いなら、そちらに並ぶのもアリです。

ディズニーランドお役立ち情報

ディズニーランド・シーの攻略に役立てて欲しい情報なんですが、人気アトラクションのファストパスは混雑している日だと、10時~11時くらいに発行を終了してしまう事があります。 特にディズニーランドの場合なら、モンスターズ・インク「ライト&ゴーシーク」、ディズニーシーの場合ならトイ・ストーリー・マニアがその可能性が高いのでチェックしてみて下さい。

そしてTDL・TDSのアトラクションは、故障した場合や安全確認する場合に突然中止になる事があります。 その場合アトラクションに乗れなかった人に、利用時間の制限がないファストパスを配る事があります。 これは当日でも、次回入園時でも使えるので捨てないようにして下さいね。

それとアトラクションの混雑状況をチェックするには、パークインフォメーションボードディズニーランドのサイトを見るのが手っ取り早いです。 これらを見るとアトラクションの待ち時間はもちろん、ショーの待ち時間やファストパスの発券状況まで一目で確認することができます。

ちなみにパークインフォメーションボードは、ディズニーランドの場合「ワールドバザール」、ディズニーシーの場合「メディテレーニアンハーバー」にあります。

スマホなどで混雑状況などを確認したい場合は下記の「東京ディズニーリゾート・公式サイト」を見て下さい。 (パソコンでは混雑状況などは確認できないようです)

東京ディズニーリゾート:待ち時間

まとめ

以上、ディズニーランド・シーの攻略・裏技情報でしたが、いかがでしたでしょうか。 快適にディズニーランドのアトラクションを楽しむためには、ファストパスが攻略の決め手となるので、よければ参考にしてみて下さいね。

そして攻略・裏技というわけではないんですが、一番快適にディズニーランドを楽しむなら国外のディズニーランドに行った方が混雑を気にせず楽しめます。 例えば予算はちょっと高くついちゃいますけど、カリフォルニアのディズニーランドならビッグサンダー・マウンテンでも、5分並ぶだけで利用できるほど空いてます。

ただし、予算が高くなるっていうのと、日本のディズニーランドよりちょっと規模が小さいかなって感じますが、良ければそちらもオススメですよ!