初心者が短期間で上達するタイピング練習のコツ

タッチタイピング初心者でも短期間で上達できる、タイピング練習のコツを紹介します。

タイピングの練習で一番きつい事といったら、何よりも練習するのが「つまらない」ってことですよね。 無料はもちろん、市販のタイピングゲームでも言えるんですが、タイピングゲームって完成度が低くて面白くないゲームが大多数を占めています。 しかも、ある程度タイピングできる人向けに作られているので、キーの配置がわからない初心者は門前払いなんですよね。 こういう配慮のなさが、タイピング練習中の初心者にとっては恐ろしくつまらなく感じる原因なんです。

キーボードを見ないタイピング(ブライドタッチ)をマスターするには、ある程度タイピングの量をこなす必要があります。 これを効率よくするにはタイピングゲームは絶対必要なんです。 もちろんゲームで無くても良いです。

でもただ単純にキーボードを打ってるだけだとメチャクチャつまらないし、苦痛ですよね。 そうすると結局タイピングをマスターする前に辞めちゃうか、中々練習しなくて上達が遅れちゃうかのどっちかになる可能性が高いです。 だからタイピングゲームを使って楽しく練習するのが結果的には一番早く上達できるよってことです。

ただ市販のゲームも無料のゲームも、基本的には初心者向きではないわけですよ。 ですけど、中にはあるんですよね、タイピング初心者にも優しくて完成度が高く面白いゲームが。

それがタイピング・オブ・ザ・デッドというゲームです。

ゲームを使ってタイピングのコツを取得する

タイピングオブザデッドのイメージ

このゲームはタイピング練習のコツどころか、ブラインドタッチが取得できるまでのコツを教えてくれます。 他のゲームにはない、初心者でも安心な超丁寧なチュートリアルモードがあるので、キーの配列から覚える事ができます。

もちろん遊びながらです。

さらにホームポジションや、キーを打つ指など、タイピングを取得するまでの基本がチュートリアルをやるだけで自然と身につきます。 それほどクオリティの高いチュートリアルだったりします。 ちなみにチュートリアルの内容は次のようになってます。

チュートリアル

  1. Lesson_1

    基本的な指の動かし方の基礎やコツを教えてくれます。 ホームポジションを取得できます。

    • タッチタイピングへの道 …… ホームポジションへの指の置き方を学ぶ
    • 左手運指トレーニング …… 左手の指で打つキーの範囲を学ぶ
    • 右手運指トレーニング …… 右手の指で打つキーの範囲を学ぶ
    • SHIFT同時押しの特殊キー
  2. Lesson_2

    キーの位置を項目ごとに「基本編」「発展編」「最終テスト」に分けて習得できます。

    • 最重要キーマスター …… 「A I U E O」と「F J」「K S T N H M Y R W D」の位置を取得
    • 一般キーマスター …… 使用頻度の高いアルファベットや数字の位置を取得
    • 特殊キーマスター
    • 総合キーテスト …… 50体の敵を倒すとクリア!
    •   
  3. Lesson_3

      

    高速でタッチタイピングするコツを教えてもらえます。(次のような事)

    • ホームポジションをキープ
    • 手のひらを動かさない
    • ひたすらタイピング練習
      

    この3つを超わかりやすく教えてくれます。(ネット見るより圧倒的に良いです)

  4. Lesson_4

      

    出現ワードの長さや特殊キーの有無などを自由に設定し、タイピング練習するコース。

チュートリアルだけで、こんなにボリュームがあります。 しかもチュートリアルなのに、全部遊びながら教えてくれるから、すごい覚えやすいですし、上達しやすいです。 なにげにフルボイスだしw

このチュートリアルがあるだけで、初心者にとってはタッチタイピング取得までの難易度が圧倒的に下がります。 正直本当にクオリティが高いので、先生に手取り足取り教えてもらえるような感じなんです。

遊びながらタイピング練習しよう

市販品を含め他のゲームには、こういうタイピング練習のコツを教えてくれるモードがないんですよね。 仮にあったしても簡潔すぎて、意味がないようなのばかりなんです。

だからこそ、タイピングをマスターしたいならタイピング・オブ・ザ・デッドをするべきなんですよね。

そしてネットで掲載されているブラインドタッチをマスターする方法を見ていても、要は「手元を見ないでホームポジションを守ってひたすらタイピング練習しようね」みたいな事しか書いてません。 これだと苦痛でしかないです。

結局つまらないと飽きちゃうので、いばらの道でしかないです。 だからこそゲームで遊びながら、正しいタイピングの方法で練習していくのが一番手っ取り早いです。

ちなみに他のモードは次のようなのがあります。

  • Arcade mode …… ゲームセンターで稼働していたものがご家庭で楽しめます。完全に遊びながらタイピング練習できます。
  • Original mode
  • Kids mode …… 子供用の単語や映像が調整されているモード
  • Drill mode …… タイピングの速度・正確性・反射神経・特殊キーなどを高める事ができる。これだけでタイピングが早くなります。
  • Master mode …… ある程度タイピングできる人向けのDrill mode
  • Battle mode …… ネットワーク対戦
  • Boss mode …… ボスを選んで戦えます。
  • VS Expert mode …… トッププレイヤーのシミュレーションと戦えます。

こんな感じで完全に遊びながらタイピング練習できます。 しかもこれ以外にも隠しモードや隠し要素があるので、ボリューム満点のタイピングゲームとなってます。

タイピングオブザデッドについて

紹介しといてあれなんですが、タイピングオブザデッドは現在新品はダウンロード版しかありません。 disc版は、amazonなどでは全て品切れのようです。 中古なら近所のGEOとかに行くとあると思うので、そちらで探す方がいいかもしれません。

下記でも探すことができるのでチェックしてみて下さい(ダウンロード版はすぐできます)。

あと数種類ありますが、EXの場合はwindows10でも動作するようです。 (動作環境はwindows7までとなってますが、大丈夫なようです)
ただし責任持てないので、念のため確認して下さい。

ダウンロード版は「楽天」の方にあります。

それではタイピングオブザデッドを使って、タッチタイピングをマスターするまでの練習方法のコツを紹介しますね。

タイピング練習のコツ

まずはチュートリアルをやって下さい。 ここでタイピングの基本となるホームポジション、各キーを打つ指など、タイピングをマスターするまでのコツを身につけることができます。 そしてブラインドタッチに必要な手元をみないでタイピングするコツなども取得することができます。

ネットでタイピングについて検索するよりもチュートリアルをやった方が圧倒的にタイピングが上達できるので、まずは実践してみて下さい。

チュートリアルを終えると、キーの打ち方など、タイピングのコツが取得できてます。 なのでそれを実践しつつ、Arcade modeとかやってみたいモードを適当にやっていきます。 難易度は一番簡単なものにします。

何回コンテニューしてもいいので、まずは一度Arcade modeを全部クリアして下さい。 ここで面白いと思ったら、「おめでとうございます」あなたは100%近いうちにタッチタイピングをマスターできます。

おそらく最初は手元を見ないでタイピングするのは無理なんで、まずは手元をみても良いのでホームポジションだけ守ってタイピング練習するようにしてみて下さい。

ホームポジション

「手元を見ながらならスラスラタイピングできるよ」ってなったら手の上にタオルなどを置いて、手元を見れないようにして練習します。 もしくは一瞬だけチラッとみて、後は手元を見ないでタイピングするようにしてみて下さい。

指がタイピングの動きを覚えてるはずなので、手元を見なくても苦労せず指が動くはずです。 ただ最初はキーの位置を頭で考えてしまうと思うので、できる限り考えないようにしてタイピングするようにして下さい。 慣れてくると無意識でタイピングができるようになります。

あとDrill mode、Master modeとかをやると、さらに早くタイピングができるようになるのでオススメです。

まとめ

短期間でタイピングがマスターできるようになるには、練習するよりも、まずはタイピングが面白いと感じるようになる方が重要だったりします。 なので本当にタイピングゲーム選びは重要です。

特にタイピング初心者にとっては、敷居が高いものばかりなので、変なゲームを選ばないようにして下さいね。 例えば「特打」とか「名探偵コナン」とかが有名だったりしますけど、初心者にとっては結構敷居が高いので注意して下さいね。

あとタイピング練習のコツでアドバイスできる事は、とにかくホームポジションを守ってタイピングするようにして下さいね。 基本的にチュートリアルで言われた事を忠実に守って練習していれば、1週間から3週間くらいでタッチタイピングができるようになると思うので、是非やってみて下さい。