パソコンに単語を辞書登録する方法

よく使う単語をパソコンに辞書登録(単語登録)する方法です。

例えばwindowsを使っていると入力しても変換されない文字ってありますよね。 そんな時、IMEのユーザー辞書に単語登録しておくと余計な手間が省けてとっても便利です。

もちろん簡単に登録できて、特別なソフトとかはいらないので、その方法を紹介しますね。

辞書登録とは

辞書登録(単語登録)というのは、簡単に言えば、文字を変換する際の単語を登録する機能の事をいいます。 例えば、「たの」と入力して「楽しい」と変換したり、「お」と入力して「お早うございます」と変換することができます。

この単語登録をすることで、余計なキーを打つ手間が省けます。 そして入力スピードも上がりますし、誤変換も減るので圧倒的に文書作成などに費やす時間が減ります。

登録方法

辞書登録する手順は次のようになってます。

  1. 右下の「あ」を右クリック
  2. 単語の登録

右下の「あ」を右クリック

デスクトップ右下の「あ」の部分をクリック

まずは画面右下にある「あ」の部分を右クリックします。

×マーク(ime無効)の状態

×マーク(ime無効)となっている時は、どこかしらの文字入力欄などをクリックすると、「あ」または「A」マークが表示されます。

またwindows8未満の場合は右のようなツールバーツールバーがあるので単語の登録単語の登録を右クリックします。

単語の登録

単語の登録をクリック

操作一覧が表示されたら単語の登録をクリックします。

単語登録の手順

そうすると上記のようなダイアログが表示されるので、「単語」と「よみ」の部分に登録したい単語を上記のように入力します。 ちなみにこの場合なら、「これ」と入力し変換すると「これからも宜しくお願いします」と表示されるようになります。

入力が完了したら、登録ボタンをクリックします。 これで文字を変換する際に登録した単語が表示されるようになります。

単語登録した入力サンプル

登録した単語を削除する方法

ユーザー辞書ツールの場所

一度登録した単語を削除するには、先ほどの単語登録したダイアログを再度開き、左下にある「ユーザー辞書ツール」をクリックします。

ユーザー辞書ツールの操作手順

そうするとユーザー辞書ツールが開くので、削除したい単語をクリックし、左上の編集をクリック。 複数の選択肢が表示されるので「削除」をクリックします。

これで登録した単語を削除することができます。

まとめ

こんな感じでよく使う単語をパソコンに簡単に辞書登録することができます。 しかも登録した単語は、簡単に削除できるので気軽に単語登録することができます。

また登録するワードによっては、圧倒的に作業効率がアップするので、是非お試しを!