インターネット一時ファイルとCookieを削除する方法

Internet Explorer(IE)のインターネット一時ファイル(ブラウザキャッシュ)とcookieを削除する方法です。

web制作をしていて動作などの確認をする時に古いキャッシュが残っていると、たまに表示不良などを起こします。 例えばCSSが上手く反映されなかったりなど。

これを回避するためには、キャッシュを削除する必要があります。 以前はChromeでのキャッシュ削除の方法を紹介したので、今回はInternet Explorerでのキャッシュ削除の方法を紹介したいと思います。 ついでにCookieの削除の方法も掲載しておきますね。

Cookieとインターネット一時ファイルって何?

Cookieとは、ユーザーidやパスワード、サイトの訪問回数といったユーザー情報をパソコンに一時的に記憶したり参照したりする機能の事です。

例えばネットショップのショッピングカートに商品を入れて、数日後に戻ってきてもまだカート内に商品が入っている事ってありますよね。 これがcookieの機能です。

cookieを削除した場合は、こういった情報がすべて初期化されます。

そしてインターネット一時ファイルとは、ブラウザキャッシュの事です。 ブラウザキャッシュには、訪問したwebページのデータを一時的に保存し、次回訪れた時にそのデータを利用する事でページの読み込みを減らし、webページを素早く表示するような働きがあります。

ですがインターネット一時ファイルが溜まってくると、webページの表示が遅くなる事もあります。 そういった時はインターネット一時ファイルを削除してみましょう。

ちなみにインターネット一時ファイルを削除しても「ブックマーク(お気に入り)」に登録しているサイトは消えないので安心して下さい。

IEでcookieとキャッシュを削除する方法

ツールをクリック

まずはIEを開きます。 そしたら画面右上にある「ツール」をクリックします。

「セーフティー」から「閲覧履歴の削除」を選択

メニューが表示されるので、「セーフティ」から「閲覧履歴の削除」を選択します。

ダイアログが表示

そうすると上記のようなダイアログが表示されます。 「インターネット一時ファイルおよびウェブサイトのファイル」と「クッキーとWebサイトデータ」にチェックを入れます。

キャッシュだけを消去したい場合は「インターネット一時ファイルおよびウェブサイトのファイル」のみ、cookieだけを消去したい場合は「クッキーとWebサイトデータ」だけにチェックを入れて下さい。

チェックを入れたら、「削除」ボタンを押します。 これでキャッシュとcookieが削除されます。

まとめ

こんな感じで簡単にcookieとキャッシュを削除することができます。

またWindows8と8.1の場合、WindowsストアアプリのInternet Explorer11でcookie、キャッシュを削除する方法もありますが、デスクトップ版Internet Explorer11でcookie、キャッシュを削除しても、両方のcookie、キャッシュが削除されます。

なので今回は片方の方法しか紹介しなかったのですが、気になるようだったら検索してみて下さいね。