<UL type="">リストのマークの種類を変える

<UL>タグまたは<li>タグにtype属性を指定する事で、リスト項目のマークの種類を変更することができます。 指定できる値は、黒丸(disc)、白丸(circle)、四角(square) となっています。

<UL>タグに対してtype属性を指定すると、リスト全体がそのマークに変更され、<li>タグに対して指定すると、指定したリスト項目のマークのみが変更されます。 ただしブラウザの種類によっては、指定したマークの色や大きさが異なる場合があります。

例えば、type属性の値「square」を指定しても、ブラウザによっては白抜きの四角、または黒で塗りつぶされた四角で表示されることがありますので、注意して下さい。

またtype属性は非推奨とされています。 さらにHTML5では廃止されていますので、マークの種類を設定する場合は、できる限りスタイルシートで変更するようにしましょう。

使用した時の例

<ul>
  <li type="disc">ウサギ</li>
  <li type="circle">猫</li>
  <li type="square">アイアイ</li>
</ul>

<ul type="square">
  <li>ニンジン</li>
  <li>玉ねぎ</li>
  <li>じゃが芋</li>
</ul>

ブラウザ上の表示例

  • ウサギ
  • アイアイ
  • ニンジン
  • 玉ねぎ
  • じゃが芋

対応ブラウザなどのデータ

形式 <UL type="">~</UL> 分類 ul:ブロックレベル要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

ul要素に対するtype属性は、HTML5では廃止。マークの種類を設定する場合はlist-style-typeプロパティを使用。