<U>テキストに下線をひく

<U>タグではテキストに下線(アンダーライン)を引くことができます。

<U>~</U>で囲んだ部分のテキストには下線が引かれ、固有名詞や外国語などをテキスト中で区別または強調したい時などに使われます。 ですが強調などの場合は、<em><strong>などが使われることが多いです。

ちなみにテキストに下線を引く場合は、色によってはハイパーリンクと間違われやすいので注意しましょう。

また<U>は非推奨ですので、できる限りスタイルシートを利用するようにしましょう。 スタイルシートで<U>と同様の下線を引く場合は、<span style="text-decoration:underline">~</span>となります。

※HTML 4.01 Strictではサポート外

使用した時の例

Uで囲んだ<u>テキストに下線</u>が引かれます

ブラウザ上の表示例

Uで囲んだテキストに下線が引かれます

対応ブラウザなどのデータ

形式 <u>~</u> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを持てる要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素 / 物理要素 / 非推奨要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5ではスペルミスや中国語の固有名詞など本来とは異なる表記を区別する際に使われます。