<STRIKE>打ち消し線をひく

<STRIKE>タグでは<S>同様に打ち消し線を引くことができます。

また<STRIKE>~</STRIKE>で囲まれた部分のテキストが「削除されたものである」という事を示すことができます。 ですが「削除されたものである」という意味を持たせたい場合は、HTML4.01では<del>を利用することが推奨されてます。

また機能はほぼ<S>タグと同様ですが、<STRIKE>タグの方が多くのブラウザでサポートされてます。 ですが<S>と<STRIKE>はどちらも非推奨となりますので、テキストに打ち消し線を引きたい場合はスタイルシートを利用するようにしましょう。

スタイルシートで打ち消し線を引く場合は<span style="text-decoration: line-through">~</span>と記述して下さい。

使用した時の例

<strike>定価:10000円;</strike>今だけ特別価格1円

ブラウザ上の表示例

定価:10000円;今だけ特別価格1円

対応ブラウザなどのデータ

形式 <strike>~</strike> 分類 インライン要素 / 物理要素 / 非推奨要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。HTML5で「削除された部分」という意味を示したい場合は<del>が利用されてます。