<SCRIPT>HTMLにjavaスクリプトを組込む

<SCRIPT>タグは、HTML文書にJavaScriptやVBScriptなどのスクリプトを組み込む際に使用します。またスクリプト言語はこのタグ内に記述します。

<SCRIPT>タグを使用する際は、対応していないブラウザがスクリプト部分を、そのままテキストとして画面に表示してしまうのを防ぐために、通常は設定箇所全体をHTMLのコメント(<!--、//-->)で囲って記述します。ですが、このように記述するとXHTMLの仕様では、無視される事があるので注意して下さい。

<SCRIPT>の設置個所は<HEAD>~</HEAD>、または<BODY>~</BODY>内に記述できます。

なおスクリプト言語のMIMEタイプ(text/javascript、text/vbscriptなど)を示す、type属性は必ず指定して下さい。

HTML4.0では非推奨とされていますが、バージョンに依存したスクリプトを使用したい場合はlanguage属性などを利用します。別ファイルに記述したスクリプトを読み込みたい場合は、src属性にスクリプトファイルのURLを指定し、スクリプトを読み込みたい箇所に記述して下さい。

使用した時の例

<script type="text/javascript">
  <!--
  document.write("サンプルです");
  //-->
</script>

ブラウザ上の表示例

書式

  • <script type="MIMEタイプ">~</script>
  • <script type="MIMEタイプ" language="言語名" src="url">~</script>

属性

src="url" スクリプトを記述した別ファイルのurlを指定
type="" スクリプト言語のMIMEタイプを指定(text/javascript、text/vbscriptなど)
language="" 使用するスクリプト言語を指定(javascript1.2など)
charset="" キャラクタセットの指定

対応ブラウザなどのデータ

形式 <script>~</script> カテゴリ フレージングコンテンツ / フローコンテンツ / メタデータコンテンツ / スクリプトサポート
親要素 子要素にフレージングコンテンツ、メタデータコンテンツ、スクリプトサポートを含める要素 子要素 スクリプト
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素
汎用属性 accesskey / class / dir / id / lang / style / tabindex / title
対応ブラウザ Internet Explorer3~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~