<RUBY>ルビをふる語句・文字を設定する

<RUBY>タグは文字にルビをふる際に利用するタグです。 通常<RUBY>は<RB><RT><RP>などとセットで利用されます。

上記以外にも<RTC><RBC>と併せて使う事もできます。

<RUBY>の使い方は<RB>でルビをふる文字、<RT>でルビの文字、<RP>でルビを囲む記号を設定し、それぞれのタグを<RUBY>~</RUBY>で囲みます。

また<RUBY>はw3cで審議中のものをInternet Explorerが独自採用したものです。 未対応のブラウザでは、月読(つくよみ)のように<RP>で設定した記号が表示され、通常のテキストのように表示されます。

使用した時の例

<ruby>
  <rb>月読</rb>
  <rp>(</rp>
  <rt>つくよみ</rt>
  <rp>)</rp>
</ruby>

ブラウザ上の表示例

月読 つくよみ 月読(つくよみ)«対応してないブラウザの場合の例

対応ブラウザなどのデータ

形式 <ruby>~</ruby> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを持てる要素 子要素 rb / rt / rp / rtc
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer5~ , Google Chrome5~ , Safari4.1~

HTML5での状況と関連情報

rpc以外はHTML5で採用