<RT>ルビの内容を設定する

<RT>タグは文字にルビをふる際に利用されるタグで、<RT>~</RT>で囲んだ部分の文字はルビとして表示されます。 またRTとは「Ruby Text」の略称で、<RUBY>内で使われます。

使い方は<RUBY>内に<RB>、<RT>、<RP>のそれぞれを記述し、 <RB>でルビをふる文字、<RT>でルビの文字、<RP>でルビを囲む記号を設定します。

またこれらのタグはw3cで審議中のものをIE(Internet Explorer)が独自で採用したものとなってます。

<RUBY>に未対応のブラウザの場合は、天照(あまてらす)のように<RP>で設定した記号が<RT>で設定した文字を囲って表示されます。 対応しているブラウザの場合は、<RP>で設定した記号は表示されず、<RT>で設定した文字がルビをふる文字の上に小さいサイズで表示されます。

使用した時の例

<ruby>
  <rb>天照</rb>
  <rp>(</rp>
  <rt>あまてらす</rt>
  <rp>)</rp>
</ruby>

ブラウザ上の表示例

天照 あまてらす 天照(あまてらす)«対応してないブラウザの場合の例

対応ブラウザなどのデータ

形式 <rt>~</rt> 分類 独自拡張要素
親要素 ruby要素 / rtc要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 省略可能
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer5~ , Google Chrome5~ , Safari4.1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では標準仕様