<RB>ルビをふる

<RB>タグでは文字にルビをふる事ができます。RBとは「Ruby Base」の略称で、<RUBY>、<RB>、<RT><RP>のセットで使われます。

<RB>は<RUBY>の中で使う事ができ、ルビをふりたい文字を<RB>タグ、ルビの文字を<RT>タグ、るびを囲む記号を<RP>タグのそれぞれで囲みます。 <RP>タグで囲んだ記号は<RUBY>タグが対応してないブラウザで表示されるときに利用されます。例えば記号に()を使った場合であれば、表示例(ひょうじれい)というように表示されます。

またこれらのタグはIE(Internet Explorer)がw3cで審議中のものを独自に採用したタグです。 ですのでIE以外、もしくはバージョンが古いIEでは上記の表示例(ひょうじれい)というようにただのテキストとして表示される場合があります。

また対応しているブラウザでは<RP>タグで囲んだ部分は表示されません。 なのでどのブラウザでもうまく表示するために<RP>タグを有効活用しましょう。

使用した時の例

<ruby>
  <rb>表示例</rb>
  <rp>(</rp>
  <rt>ひょうじれい</rt>
  <rp>)</rp>
</ruby>

ブラウザ上の表示例

表示例 ひょうじれい 表示例(ひょうじれい)«対応してないブラウザの場合の例

対応ブラウザなどのデータ

形式 <rb>~</rb> 分類 独自拡張要素
親要素 ruby要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 省略可能
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer5~ , Google Chrome5~ , Safari4.1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では標準仕様