<PRE>整形済みテキストとしてソースを表示

<PRE>は「Preformatted Text(整形済みテキスト)」の略称で、指定した範囲のテキストをそのままの状態(入力した通り)で表示することができます。 また<PRE>内のテキストは等幅フォントで表示され、HTMLソース中の空白(スペース)や改行などがブラウザ画面にそのままの状態で表示されます。 ウィンドウの幅より1行の長さが長くなったとしても自動的に改行はされません。

なおHTML文書内で改行しても、表示には反映されませんが、<BR>タグを記述する事でテキストを改行することができます。

一般的に<PRE>はソースコードなどを表示させたい場合に使用しますが、タブは入れないようにして下さい。 また<、>、 は特殊文字として認識されるため&lt;、&gt;というように記述する必要があります。

XHTMLの場合は<BIG><IMG><OBJECT><SMALL><SUB><SUP>などのタグは<PRE>内で使用する事ができませんので、ご注意下さい。

使用した時の例

<pre>
&lt;整形済みのテキストです&gt;<br>
記号は上のように置き換えます
</pre>

ブラウザ上の表示例

<整形済みのテキストです>
記号は上のように置き換えます

書式

  • <pre>~</pre> ・・・・・・ 入力したとおり表示する

属性

width="" 横幅の指定
wrap="" ブラウザの横幅に合わせて改行する
cols="" 文字数で横幅を指定する

対応ブラウザなどのデータ

形式 <pre>~</pre> カテゴリ フローコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフローコンテンツを含める要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 ブロックレベル要素
汎用属性 accesskey / class/ dir / id / lang / style / tabindex / title
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~