<PLAINTEXT>ソースコードをそのまま表示

<plaintext>では、ソースコード中の改行や空白(スペース)をそのままの状態で表示することができます。 また<や>といった特殊文字もそのまま表示します。

ですが<PLAINTEXT>タグはHTML4.01で廃止されており、現在では<PRE>タグが一般的には使われています。 ですので、ソースコードを入力したとおりに表示したい場合は、そちらを使用するようにして下さい。

なおInternet Explorer3.0以降では、<PLAINTEXT>の開始タグからファイルの終わりまでのソースが全て表示されてしまうので注意して下さい。

使用した時の例

<plaintext>
空白や改行なども
 そのまま表示されます

書式

  • <plaintext> ・・・・・・ ソースコードをそのまま表示(特殊文字なども)

対応ブラウザなどのデータ

形式 <plaintext> カテゴリ
開始タグ 必須 終了タグ なし
汎用属性 accesskey / class/ dir / id / lang / style / tabindex / title
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。代わりに<PRE>タグを使用して下さい。