<OBJECT>色々な形式のデータを埋め込む

<OBJECT>タグはプラグインで再生する画像や音声などのデータ、他のHTML文書など、色々な形式の外部データ(オブジェクト)を文書中に埋め込むことのできる汎用的な要素です。

今まではデータの形式ごとに<IMG><APPLET><EMBED><IFRAME><BGSOUND>など別々にタグを使い分けていましたが、これらのデータをすべて<OBJECT>タグで扱えるようになります。 そのため、このタグはデータ形式によって色々な属性が定義されています。

また<OBJECT>では、指定した形式のデータをブラウザが取り扱う事ができる場合、<OBJECT>~</OBJECT>の内容は無視されます。

ただし<OBJECT>に対応しているブラウザは多くないようです。

使用した時の例

<object data="sample.png" type="image/png" width="150" height="150">
 <object data="sample.jpg" type="image/jpeg" width="150" height="150">
 </object>
</object>

<object data="sample.html" type="text/html" width="400" height="500">
htmlファイルです。
</object>

書式

  • <object data="url" type="mimeタイプ" width="" height="高さ">~</object> ・・・・・・ 様々なデータを配置

url:配置するデータのurl、mimeタイプ:配置するデータのmimeタイプ、width:配置するデータの幅、高さ:配置するデータの高さ

属性

data="" オブジェクトのデータのurl指定
type="" data属性で指定したデータのMIMEタイプを指定
classid="" オブジェクトを実行するプログラムのurlを指定。オブジェクトによってはdata属性と併用可能
codebase="" classid、data、archiveの各属性で相対urlを指定した場合に基準となるurlの指定
codetype="" classid属性で指定したプログラムのmimeタイプの指定
archive="" オブジェクトに関連するファイルのアーカイブのurlを指定
height="" 表示領域の高さをピクセル数、または%で指定
width="" 表示領域の幅をピクセル数、または%で指定
usemap="" クライアントサイドイメージマップとして利用する場合に使用

対応ブラウザなどのデータ

形式 <object>~</object> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / エンベデッドコンテンツ / パルパブルコンテンツ / リステッド / リアソシエイタブル / サブミッタブル / インタラクティブコンテンツ / リステッド / フォーム関連要素
親要素 子要素にエンベデッドコンテンツを含める要素 子要素 param / トランスペアレント
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer3~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera6~ , Safari1~

IEでの問題

webサーバーがInternet Information Services(IIS)の場合、表示に使用するactiveXコントロールのクラスidをclassid属性にしておかないと、データの種類によってはうまく表示されない場合があります。 Windows Media Playerのクラスidのみを記載しておきますが、詳しくはMicrosoft社などのwebサイトをご覧下さい。

  • Windows Media Player
    CLSID:6BF52A52-394A-11d3-B153-00C04F79FAA6

HTML5での状況と関連情報

一部の属性が廃止され、form属性が追加された。