<NOSCRIPT>スクリプトが実行されない環境への対処

<NOSCRIPT>タグは、スクリプトに対応していないブラウザや、スクリプトを実行しない設定となっている場合に、代わりに表示させる内容を指定できます。 ですので、スクリプトが実行可能(動作する)場合は、<NOSCRIPT>内に記述した内容は表示されません。

また<NOSCRIPT>の設置個所は、<HEAD>ではなく、<BODY>内に記述するようにして下さい。 記述する内容としては、スクリプトが利用可能な場合と同じような意味を持つ内容、もしくはそのようなページへのリンクを記入するようにします。

なお<!DOCTYPE>が「Transitional DTD」「Frameset DTD」の場合は、ブロックレベル要素・インライン要素・テキストなどを<NOSCRIPT>内に直接配置することができますが、「Strict DTD」の場合はブロックレベル要素のみしか配置できませんので注意して下さい。

使用した時の例

<script type="text/javascript">
  <!--
  document.write("サンプルです");
  //-->
</script>
<noscript>
  <p>スクリプトが利用できない場合は、〇〇をご利用下さい。</p>
</noscript>

ブラウザ上の表示例

書式

  • <noscript>~</noscript> ・・・・・・ スクリプトが動作しない場合の表示内容

対応ブラウザなどのデータ

形式 <noscript>~</noscript> カテゴリ フレージングコンテンツ / メタデータコンテンツ / フローコンテンツ
親要素 子要素にhead、フレージングコンテンツを含める要素 子要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 ブロックレベル要素
汎用属性 accesskey / class / dir / id / lang / style / tabindex / title
対応ブラウザ Internet Explorer3~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera5.1~ , Safari1~