<NOBR>改行を禁止する

<NOBR>タグは「No Break」の略称で、Netscape Navigatorが独自に追加した改行を禁止するタグです。

<NOBR>タグで囲まれた部分のテキストは、折り返されずに1行で表示されるようになります。

例えば、ブラウザやテーブルの横幅以上にテキストがある場合、通常は自動的に改行されます。 ですが、固有名詞、英単語などの改行させたくない文章がある場合にこの<NOBR>タグを利用すると便利です。 また併せて「改行しても良い位置」を指定する<wbr>タグと一緒に仕様されることが多いです。

なお一般的なブラウザでは<NOBR>タグに対応していますが、HTML4.01の仕様には含まれていないタグです。 ですので「改行禁止」されない場合もあります。

改行無しで表示したい場合はスタイルシートのwhite-spaceを利用するようにしましょう。

使用した時の例

<nobr>
通常ブラウザでは、ウィンドウの幅に合わせてテキストを自動的に折り返しします。テキストを折り
</nobr>

ブラウザ上の表示例

通常ブラウザでは、ウィンドウの幅に合わせてテキストを自動的に折り返しします。テキストを折り

※上記のように自動改行されません

対応ブラウザなどのデータ

形式 <nobr>~</nobr> 分類 独自拡張要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
汎用属性 class / dir / id / lang / style / title
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。同様の表示をしたい場合は、スタイルシートのwhite-spaceを利用しましょう。