<META> ページ全体に関する情報(メタデータ)を指定する

<META>タグとは、ページ全体に関する情報(メタデータ)やhtmlドキュメントの作者名を示すことのできる要素です。 <META>(META-information)を使用する時は必ず<head>~</head>内に記述します。

入力するメタデータは、WEBページの画面上には表示されませんが、googleやyahooなどのスパイダー(ロボット型検索エンジン)が巡回してきた際に拾われ、検索結果などで利用されます。 それ以外にも、キャッシュの制御や文字コードの指定、検索ロボットの制御など様々な事が行えます。

メタデータを記述する時は種類をname属性で定義し、内容をcontent属性で値を指定しましょう。

また下記一覧の<META>タグをすべて使用する必要はありません。 必要なもののみ使用して下さい。 一般的には、文字コードの指定(charset)、webページに関するキーワード(name="Keywords")、webページの内容(name="description")などが使われることが多いです。

使用した時の例

文字コード

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=iso-2022-jp">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

文字化けを防止するためにドキュメントの文字コードを指定します。htmlドキュメントの文字コードを「シフトjis」にした場合は「shift_jis」、「JIS」にした場合は「iso-2022-jp」、「EUC」にした場合は「EUC-jp」、「UTF-8」にした場合は「UTF-8」を記述します。また文字コードの指定は<title>~</title>より前に記述する必要があります。(titleタグで日本語を使用する場合)

ページに関する説明・キーワード

<meta name="description" content="ページに関する説明">
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">

ページに関する説明文(description)、キーワード(keyword)を入力します。descriptionは検索結果で使用されます。文字数が多くて収まりきらない部分は「…」で省略されますので、全角124文字程度に納めましょう。またキーワードは「,」(カンマ)で区切り、5個程度に納めましょう。

検索ロボットの制御

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

検索ロボットの制御ができます。検索エンジンにインデックス(登録)されたくないページは「noindex」、ページ内のリンクを参照されたくない場合は「nofollow」を記述します。また許可する場合は「index,follow」と記述する事もできますが、今はあまり意味がないようです。

作者名

<meta name="author" content="作者名" />
<meta name="copyright" content="Copyright 作者名" />

ドキュメントの作者名を記述します。「author」が作者名、「copyright」が著作権に関する情報となります。

エディタ名

<meta name="generator" content="エディタ名">

使用したエディタ名を記述します。

基準スタイルシート言語

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">

ドキュメント内のstyle属性で使用する基準となる言語を指定します。指定をしない場合はブラウザが自動で判断。

基準スクリプト言語

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

ドキュメント内のスクリプトを呼び出す際の基準となる言語を指定します。指定しない場合はブラウザが自動で判断。

別ページへの自動ジャンプ・再描画

<meta http-equiv="refresh" content="5; url=url入力">
<meta http-equiv="refresh" content="5">

5秒後に入力したURLへ自動でジャンプ(移動)します。URLを入力していない場合は5秒後に同ページを再描画します。

キャッシュの制御

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="0">

閲覧者のブラウザに履歴をキャッシュされるのを防ぎます。

キャッシュの有効期限

<meta http-equiv="Expires" content="Sat, 31 AUG 2016 10:00:00 GMT">
<meta http-equiv="Expires" content="0">
<meta http-equiv="Expires" content="-1">

キャッシュが消去される時間を設定できます。過去の時間や0、-1のような無効な数値を指定した場合はキャッシュが無効化されます。また「GMT」というのはグリニッジ標準時の事を示します。

属性

name 名前の指定
content プロパティ値(内容)の指定
※HTML4.01 では必須
charset 文字コードの指定
http-equiv httpヘッダ用のプロパティ名の指定
scheme contentを解釈する時のスキーマ情報

対応ブラウザなどのデータ

形式 <meta name="" content="">
<meta http-equiv="" content="">
カテゴリ メタデータコンテンツ
親要素 head要素、head要素内noscript 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし(XHTMLの場合は最後に/が必要)
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~