<INS>追加された部分を示す

<INS>は「Insert」の略称でタグで囲まれた部分が、後から追加した部分である事を示します。 ブラウザによって異なりますが、一般的には下線が引かれての表示、またはイタリック体などで表示されます。

またブラウザによってはtitle属性で記述した説明をツールチップとして表示させられるほか、追加した理由が記述してあるページのurlを指定できるcite属性、追加した日時を表すdatetime属性なども使用できます。

※cite属性は追加した理由のページがある場合、datetime属性は追加した日時を指定したい場合に追記して下さい。

ちなみに<INS>タグはブロックレベル要素を内容に含む場合はブロックレベルに、インライン要素を含む場合はインラインに、というように変化します。 例えば<INS>~</INS>内に<p>を入れた場合はブロック要素、<p>~</p>の中に<INS>を入れた場合はインライン要素というようになります。

このように変化するのは<DEL>タグも同様です。

使用した時の例

発売日は10/1となります。
<ins>諸般の事情により12/20に延期となりました。</ins>
発売日は10/1となります。
<ins cite="url" datetime="2016-10-01T20:10:00+9:00" title="説明文">諸般の事情により12/20に延期となりました。</ins>

ブラウザ上の表示例

発売日は10/1となります。 諸般の事情により12/20に延期となりました。
発売日は10/1となります。 諸般の事情により12/20に延期となりました。

※マウスをins部分に合わせると説明文が表示される

属性

cite="url" 追加(変更)した理由が記述してあるページなどがあれば「url」を入力
datetime="日時" 追加(変更)した日付・日時を入力。

※日付・日時の記述方法は<DEL>のページに記載してます

対応ブラウザなどのデータ

形式 <ins>~</ins> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを持てる要素 子要素 トランスペアレント
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素 / ブロック要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer4~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~