<ILAYER>相対位置でレイヤーを表示

<ILAYER>は「Inline Layer」の略称で、Netscape Communicator 4.0から追加されたタグです。

<ILAYER>で囲まれた内容は、HTMLソース中に記述した位置を基準として、left属性、top属性で指定した相対位置に表示されます。 逆にレイヤーを絶対位置で表示したい場合は、<LAYER>タグを使用して下さい。

またsrc属性を利用する事で、レイヤーに表示する内容を指定する事もできます。 他にもwidth属性、height属性を使う事で、レイヤーを表示する範囲などの設定ができます。

<ILAYER>は<LAYER>同様にJavaScriptを組み合わせる事で、レイヤーの重ね順、サイズや色、showとhideの動的な切り替えなどが可能となります。 他にも色々な属性を変化させることが可能で、以前は「ダイナミックHTML」の中核としてサポートされていました。

ですが現在ではNetscape6で廃止され、HTML5でも廃止されています。 またこれらのタグはNetscape Navigatorが独自に追加したタグとなっていますので、対応しているブラウザはほとんどありません。

使用した時の例

<ilayer bgcolor="red" width="100" height="200" left="0" top="0"></ilayer>
<ilayer src="sample.html" bgcolor="#fff" left="50" top="10"></ilayer>

書式

  • <ilayer left="横方向の位置" top="縦方向の位置">~</ilayer> ・・・・・・ レイヤーを相対配置

属性

src="" レイヤに表示するファイルのurl
width="" レイヤーの横幅をピクセル数または%で指定
height="" レイヤーの縦幅をピクセル数または%で指定
visibility="" レイヤーの表示状態の指定
  • show・・・表示(初期値)
  • hidden・・・非表示
  • inherit・・・親要素を継承
clip="" レイヤーの表示範囲を「左,上,右,下」の順で指定。それぞれカンマ(,)で区切り、ピクセル数で記述
background="" 背景画像の指定
bgcolor="" 背景色の指定
left="" 左隅からの横方向の表示位置を指定
top="" 上隅からの縦方向の表示位置を指定
above="" 値に指定したレイヤーが上となる(重なり順)。値には他レイヤの名前(name属性値)やid名などを記述
below="" 値に指定したレイヤーが下となる(重なり順)。値には他レイヤの名前(name属性値)やid名などを記述
z-index="" 指定した値が大きい方が上に重なる

対応ブラウザなどのデータ

形式 <ilayer>~</ilayer> カテゴリ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
汎用属性 class / id /name /style
対応ブラウザ Netscape Navigator4~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。代わりに<IFRAME>などで代用しましょう。