<HTML>要素の内容がHTML文書という事を宣言する

<HTML>タグは、ドキュメント(html文書)の先頭、そして末尾に記述する事で要素の内容が「HTML」だということを示すために使います。

HTML文書は<html>・<head><body>の3つのタグで、文書の構造を定義することができ、<html>~</html>までの部分を「html要素」と呼びます。

<html>は、DOCTYPE宣言の後に記述し<html>~</html>の中には、head要素・body要素を記述します。 またhtml要素に直接配置できる子要素は、<head>~</head><body>~</body>の順に一つ、もしくは<head><frameset>の順に一つのどちらかのみとなってます。

※html要素には<!doctype>を除いたすべての要素を記述。ちなみに「HTML」はHyperText Markup Languageの略称。

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>ページのタイトル</title>
</head>
<body>
コンテンツ部分
</body>
</html>

属性・対応ブラウザなどのデータ

形式 <html>~</html> カテゴリ なし
親要素 なし 子要素 head要素、body要素
開始タグ 省略可能 終了タグ 省略可能
属性 manifest="version" / version="version"
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~