<HEAD>ページに関する情報を記述する部分

<HEAD>とは、htmlドキュメントのヘッダ部分を示すタグのことで、htmlドキュメントの種類やタイトル、検索エンジン向けの説明文やキーワード、スタイルシート(CSS)などページに関する情報を記述する部分です。

htmlドキュメントはhtml要素、head要素、body要素の3つで構成されています。 <html>~</html>の中にhead要素、body要素の順に記述していき、<head>~</head>の間にはページタイトルなどのヘッダ情報を記述します。

また<head>タグの中に記述する内容はhtmlドキュメントをwebページとして表示するために必要な情報ですが、これらはページタイトルを除いてブラウザの画面上に表示されることはありません。

※ページタイトルはウィンドウ上部のタイトルバーに表示される。

実際にブラウザに表示される部分はbody要素の部分となります。

また<head>~</head>の中には<meta><title><link>などを使って様々な情報を書いていきます。 スタイルシート(CSS)などを外部ファイル化した場合も<head>内で読み込ませます。

使用した時の例

<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="author" content="作者名">
<meta name="keywords" content="ページに関連するキーワード">
<meta name="description" content="ページの説明文(検索結果に表示される)">
<title>ページのタイトル</title>
<link rel="stylesheet" href="ファイル名.css" type="text/css" />
</head>
<body>
コンテンツ部分
</body>
</html>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <head>~</head> カテゴリ なし
親要素 html要素 子要素 メタデータ
開始タグ 省略可能 終了タグ 省略可能
属性 profile="url"
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~