<H1>~<H6>見出しタグ

<H1>~<H6>は見出しタグと呼ばれるタグで、文章の見出しを示す際に使用します。

<H1>の「H」とはHeading(見出し)の略で、見出しのレベル(階層)順にh1,h2,h3,h4,h5,h6まであります。 h1が大見出し(最上位)で、h2、h3・・・の順に数字が大きくなるほど、下位の見出しとなります。

また<H>タグで囲まれた部分の文字は、太字で表示され、<H>タグの数字が大きくなるにつれ、<H>タグ内の文字サイズは小さくなりタグの前後が改行されます。

hタグを使用すると太さやサイズが変化しますが、見栄えのために使用するのは控えましょう。 あくまでもhタグは文章の内容を示すための見出しです。

h1が一番重要度が高く、数字が大きくなるにつれ重要度は低くなります。 ですので、文章の内容によって大見出し、中見出し、小見出しなどを使い分けます。

文章には内容を示すための見出しが必要ですので、hタグは必ず使うようにして下さい。

またhタグの数字が大きくなるにつれ文字のサイズは変化しますが、見た目を変えたい場合はスタイルシート(CSS)を利用するようにしましょう。 htmlドキュメントの中でhタグは何個使用しても大丈夫ですが、「h1」は1ページに付き1個にしておくのが無難です。(HTML5を除く)

※seoを考えた場合、基本的にはh1は1個。h2、h3・・・の順に使用する。また使用回数はh3>h2というようにした方が良い。h2はできれば2~4個程度に抑えた方が良いとも言われている。 ちなみにhタグの中に強調を意味するstrongタグなどを入れるのは、文法上間違いではないがseo対策上好ましくない。(上記はHTML5を除いた場合です。またグーグルのアルゴリズムによって変わります)

使用した時の例

<h1>見出し(h1)</h1>
<h2>見出し(h2)</h2>
<h3>見出し(h3)</h3>
<h4>見出し(h4)</h4>
<h5>見出し(h5)</h5>
<h6>見出し(h6)</h6>

ブラウザ上の表示例

見出し(h1)
見出し(h2)
見出し(h3)
見出し(h4)
見出し(h5)
見出し(h6)

属性

align="center" center:中央に寄せる
left:左に寄せる
right:右に寄せる
justify:両端揃え

対応ブラウザなどのデータ

形式 <h1>~</h1>,<h2>~</h2>,<h3>~</h3>,<h4>~</h4>,<h5>~</h5>,<h6>~</h6> カテゴリ ヘッディングコンテンツ / フローコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフローコンテンツをもてる要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~