<DL>用語と説明の定義リスト

<DL>タグは「Definition List(定義リスト)」の略称で、用語とそれに対する定義(説明)を対にした形式で表示することができます。 <DL>~</DL>の範囲は、定義リストという事を示し、中には<dt>(用語)と<dd>(説明)をそれぞれ1組ずつだけでなく、必要な数だけ任意の順序で入れる事が可能です。

また<dt>には定義したい用語を記述し、<dd>には<dt>で記述した用語に対する説明や定義を記述します。

なお一般的なブラウザでは<dd>~</dd>の部分がインデント(字下げ)して表示されます。 これらの要素は「用語とその説明」以外にも、「人物の名前とその人の発言内容」「キャッチコピーとその詳しい説明」などのペアとなる内容に対しても使用することが可能です。

また用語が短い場合に限り有効なcompact属性というものがあります。 これを指定すると用語と定義(説明)の部分を小さく表示することができます。

使用した時の例

<dl>
  <dt>HTML</dt>
  <dd>webページを制作するために開発された言語のひとつで、
      ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(HyperText Markup Language)の略称。</dd>
  <dt>www</dt>
  <dd>ネット上で提供されるハイパーテキストシステムで
      World Wide Web(ワールド ワイド ウェブ)の略称。</dd>
</dl>

ブラウザ上の表示例

HTML
webページを制作するために開発された言語のひとつで、ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(HyperText Markup Language)の略称。
www
ネット上で提供されるハイパーテキストシステムでWorld Wide Web(ワールド ワイド ウェブ)の略称。

属性

compact リストをコンパクトに表示(HTML5では廃止)

対応ブラウザなどのデータ

形式 <dl>~</dl> カテゴリ フローコンテンツ / 子要素がname-valueを持っている場合パルパブルコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 ブロックレベル要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5ではdescription list(記述リスト)の略に変更され、dfn要素を使う事で、定義される用語であることを示せる。

※html5では利用できる幅が広がっています