<DD>定義語(dt)の説明

<DD>タグは「Definition Description」の略称で、<DT>で指定した用語に対する解説や定義をする際に使用します。

また<DD>は、<DT>とセットで使用され、<DL>~</DL>の間に配置します。 なお<DL>~<DL>で囲んだ部分は、定義リストとして表示されます。

※定義リストとは定義したい用語とそれに対する説明(定義)を対にしたリストの事。

ちなみに<DD>と<DT>はセットで使用されますが、<DL>~</DL>の中には複数配置する事ができます。

一般的なブラウザでは<DD>の部分はインデント(字下げ)されて表示されます。

使用した時の例

<dl>
  <dt>クリス・アンダーソン</dt>
  <dd>「Free-フリー-」の著者で「ワイアード」誌編集長。</dd>
  <dt>ジェフ・ウォーカー</dt>
  <dd>プロダクトローンチ・フォーミュラの開発者(生みの親)</dd>
</dl>

ブラウザ上の表示例

クリス・アンダーソン
「Free-フリー-」の著者で「ワイアード」誌編集長。
ジェフ・ウォーカー
プロダクトローンチ・フォーミュラの開発者(生みの親)

対応ブラウザなどのデータ

形式 <dd>~</dd> カテゴリ なし
親要素 dl 子要素 フローコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 省略可能
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~