<!– –>HTMLソース中にコメントを書く

HTMLソース中にはブラウザに表示されないコメントを書き込む事ができます。ここには編集時のメモや注意書きなどを記入するほか、HTML文書の一部分を非表示にしたり、タグを無効にしたりする時などに使います。

コメントの書き方は「<!--」に続けて任意の文字を入れ「-->」で閉じます。 開始部分の「<!」と「--」(ハイフン2つ)の間には空白を入れないで記述して下さい。 また終わりの「--」と「>」の間には空白が入っても良い事になっています。 ですが「--」はコメントの終了を意味していますので、コメント文の中で複数のハイフン(--)などを入れないように注意して下さい。

なおコメントはHTML以外にも<SCRIPT>タグでjavascriptを組む際や、<STYLE>タグなどでCSSを指定する際にも使用できます。他にもCSSファイルなどにもコメントを付ける事ができますが、記述の仕方が違いますので、ご注意下さい。

Internet Explorerの場合、<comment>~</comment>と記述しても同じような効果がありますが、これはIE独自のタグですので、記述した内容がブラウザ上で表示されてしまう可能性がありますので、使用を控えた方がいいでしょう。

使用した時の例

<!--ここから-->
この部分は表示されます。<br />
コメントはHTMLソース中に表示されます
<!--ここまで-->

ブラウザ上の表示例

この部分は表示されます。
コメントはHTMLソース中に表示されます

書式

  • <!--コメント分--> ・・・・・・ コメントを入れる

対応ブラウザなどのデータ

形式 <!--コメント--> カテゴリ
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~