<CODE>ソースコードということを示す

<CODE>タグは、プログラムなどコンピューターのソースコード(HTML・css・javaなど)を示したい場合に使用するタグです。 <CODE>で囲まれた部分は、変換される事なくそのままの状態(タグなどのまま)で表示されます。

ソースコード中の空白による字下げ、改行などをそのまま表示させたい場合には、同時に<PRE>タグを利用しましょう。

また一般的なブラウザ(Internet ExplorerやNetscape Navigatorなど)では、<CODE>で囲んだ部分は等幅フォントで表示されます。

使用した時の例

<pre>
<code>
  myImage=newImage();
  myImage.src="samp.jpg";
</code>
</pre>

ブラウザ上の表示例


  myImage=newImage();
  myImage.src="samp.jpg";

対応ブラウザなどのデータ

形式 <code>~</code> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを含める要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~