<BODY>ページに表示する内容を記述する部分

<body>タグはブラウザに表示する内容を記述する部分です。文章や画像、見出しなどブラウザの画面上に表示したい内容を記述します。

<body>タグ内に記述した文章などは、通常は全てブラウザの画面上に表示されます。

またHTMLドキュメントは、html要素、head要素、body要素の3つで構成されてますので、<html>~</html>内の<head>~</head>の次に<body>~</body>を通常は記述します。

<body>タグでは、文字の色、リンクの色、背景の色、背景画像の表示などの設定を行う事ができます。 ですがこれらを設定する場合はスタイルシートを使う事が推奨されてます。 ですので、できる限りスタイルシート(CSS)を使用するようにしましょう。

また閲覧者の環境によっては、表示色の組合せしだいで文字が見えづらくなることがあります。 ですので、色を指定する場合はできる限り5つセット(text,link,vlink,alink,bgcolor)で指定するようにします。

使用した時の例

<html>
<head>
<title>ページのタイトル</title>
</head>
<body bgcolor="#ffffff" text="#333333" link="#0000ff" vlink="#ff00ff" alink="#ff0000">
文書の本体
</body>
</html>

使用できる属性

【色関係】
text="" 文字色(テキストの色)の設定
link="" 閲覧していないページへのテキストリンクの色を設定
vlink="" 閲覧済みのページへのテキストリンクの色を設定
alink="" テキストリンクをクリックした時の色の設定
bgcolor="" 背景色の設定
【背景画像】
background="url" 背景画像の設定
Bgproperties="fixed" スクロールした場合に背景画像を固定するかどうかの設定
【マージン(余白)】
rightmargin="数値" 右の余白の設定
bottommargin="数値" 下の余白の設定
topmargin="数値" 上下の余白の設定
leftmargin="数値" 左右の余白の設定
marginheight="数値" 上下の余白の設定
marginwidth="数値" 左右の余白の設定
【スクロール】
scroll="yes" スクロールするかしないかの設定
※yes:スクロールする / no:スクロールしない

対応ブラウザなどのデータ

形式 <body>~</body> カテゴリ セクショニングルート
親要素 html要素 子要素 フローコンテンツ
開始タグ 省略可能 終了タグ 省略可能
イベント属性 onafterprint / onbeforeprint / onbeforeunload / onhashchange / onmessage / onoffline / ononline / onpagehide / onpageshow / onpopstate / onstorage / onunload
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~