<BASEFONT>フォントの基準となるサイズ・色・種類の設定

<BASEFONT>タグでは文字の基準となるサイズ・色・種類を指定することができます。 <FONT>タグとの違いは、<BASEFONT>以降の全ての文字(テキスト)のサイズ・色・種類が指定できる点です。

<BASEFONT>タグに終了タグはなく、次の<BASEFONT>(2つ使う必要はない)までが適用範囲となっています。 また<head>~</head>の中には記述せず<body>~</body>の中に記述するようにしましょう。

使い方は<BASEFONT>で基準となるサイズ・色・フォントの種類を設定し、<FONT>タグで変更したい部分のサイズなどを変更します。

<FONT>でサイズを変える場合は、基準となるサイズ(BASEFONTで設定したサイズ)に「+」「-」を使用して変更します。 フォントサイズは1~7までとなっているので、変更後のフォントのサイズが1~7に収まるように指定して下さい。 また基準サイズを設定しなかった場合のサイズ(初期値)は3となっています。

基準となるフォントの種類を設定する場合は、閲覧者のパソコン環境に指定したフォントがインストールされていないと表示されません。 ですので、一般的なフォントを使用するようにし複数のフォントを指定しましょう。

複数指定する場合は、表示させたい順にカンマ(,)で区切り並べていきます。

※フォントの種類について詳しくは<FONT>についてをご覧ください。

使用した時の例

<basefont size="2" face="MS ゴシック,MS 明朝">
文字の色やサイズ、種類などを変更する際はスタイルシートを使うようにするのが
<font size="+2">オススメです。</font>
スタイルシートなら文字のサイズ・色・種類以外にももっと細かく設定する
事ができます。

ブラウザ上の表示例

文字の色やサイズ、種類などを変更する際はスタイルシートを使うようにするのが オススメです。 スタイルシートなら文字のサイズ・色・種類以外にももっと細かく設定する 事ができます。

属性

size="" 文字のサイズ
color="" 文字の色
face="" 文字の種類

対応ブラウザなどのデータ

形式 <basefont size="" color="" face=""> 分類 インライン要素,空要素,非推奨要素
開始タグ 必須 終了タグ なし
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera6~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

<BASEFONT>タグはHTML5では廃止。非推奨タグのためスタイルシートのfontなどを利用する事が推奨されてる。