<BASE>基準となるURLを指定する

<BASE>タグは、そのページ内で使用する相対URLの基準となる絶対URLを指定することができます。

この指定を行うと、以降そのページで記述した相対URLは、すべて<BASE>で指定した絶対URLを基準として認識されます。 またこの指定を行わなかった場合は、現在のページの位置が基準となります。

なお<BASE>を使用する際は、絶対URLで指定し、<HEAD>~</HEAD>内に相対URLで指定する他の要素よりも前に配置します。

さらにtarget属性を指定すると、リンク先のページを読み込むデフォルトのウィンドウ、またはフレームも指定することができます。 各リンクにtarget属性が指定されている場合は、そちらの指定が優先されます。

またtarget属性は、Transitional DTD、またはFrameset DTDを文書型宣言で選択している場合にのみ利用できます。

使用した時の例

<html>
<head>
<base href="http://www.yuu-diaryblog.com/hp-web/html-taglist/tag-base/">
</head>
<body>

書式

  • <base href="絶対URL"> ・・・・・・ 基準となるURLを指定
  • <base href="絶対URL" target="ターゲット名"> ・・・・・・ target属性を使う場合

属性

href="" 基準となるURLの指定
target="" リンク先文書を読み込むデフォルトのウィンドウ、フレームを指定
  • ウィンドウ名・・・指定した名前のウィンドウに表示
  • _blank・・・新しいウィンドウを開いて表示
  • _self・・・リンク元と同じウィンドウに表示
  • _parent・・・親ウィンドウに表示
  • _top・・・ウィンドウ全体に表示(フレーム全解除)

対応ブラウザなどのデータ

形式 <base href=""> カテゴリ メタデータコンテンツ
親要素 head / template 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~