<B>太字(bold)にする

<B>タグのBは「bold」の略で、<B>~</B>で囲んだフォント(文字)を太字にすることができます。

また<B>タグは非推奨ではありませんが、見栄えのために使用する場合は可能であればスタイルシートを利用しましょう。 同じような効果を持つ<strong>タグも同様です。 文字を強調する場合であれば<strong>タグを使用することが推奨されてます。

なおhtml5では、他と区別したいテキストを示す際に使用するタグとなりました。 strongタグのように「テキストの強調」などの特別な意味は持たないとされていますが、グーグルは次のように答えています。

SEOの視点から、テキストの特定の単語を強調するために用いられる<strong>タグと<b>タグの違いは何かありますか? ユーザの視点からは両方とも囲んだ単語は太文字になります。

どのようなシチュエーションで2つのタグを使い分けるべきでしょうか?

ランキング、スコアー、その他の検索の要因に関して、Googleでは<strong>タグであろうと<b>タグであろうと違いはなく同じように扱います。 それは、囲んだ単語を斜体にする<em>タグと <i>タグにおいても同様です。

2つのタグの使い分けについては、<strong>タグは公の場での技術的な専門用語に、<b>タグは何かしらの意味のある用語に用います。 ただし、実際にはどちらもすべてのブラウザで単語を太文字にするだけです。

※上記は2013年の内容です。

ですので、seo的にはbタグ、strongタグのどちらを使用しても大丈夫なようです。 ですが基本的には何かしら区別したい時にはbタグ、重要な項目であればstrongタグを使用するのが一般的ですので、 そこも踏まえて使い分けるようにしましょう。

使用した時の例

グーグルは<b>STRONGタグであろうとBタグ</b>であろうと同じように扱うようです。

ブラウザ上の表示例

グーグルはSTRONGタグであろうとBタグであろうと同じように扱うようです。

対応ブラウザなどのデータ

形式 <b>~</b> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを持てる要素 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素 / 物理要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

関連情報