<ACRONYM> 頭文字からの略語ということを示す

<ACRONYM>タグは、その部分が略語であるということを示します。

略語を示すタグは他にも<ABBR>というタグがありますが、それぞれ略語の種類によって使い分けなければなりません。

例えば<ACRONYM>は略語の中でも単語の先頭の文字を組合せて作られたもの、尚且つ一つの単語として発音されるものに使用します。 例をあげるとNATO(North Atlantic Treaty Organization)、SOHO(Small Office Home Office)、UNESCO(United Nations Educational Scientificand Cultural Organization)などがこれに当たります。

また<ABBR>の場合は略語全般を示し、1文字ずつ読み、1つの発音で表現できないような略語に使用します。 例えばwww(World Wide Web)、HTML(Hypertext Markup Language)、XML(Extensible Markup Language)などが該当します。

<ACRONYM>と<ABBR>の違いをもう少し詳しく説明しますと、www(ダブリューダブリューダブリュー)、HTML(エイチティーエムエル)のように略語の文字を一つずつ発音する場合は<ABBR>

NATO(ナトー)、UNESCO(ユネスコ)のように略語の文字を1つずつ発音するわけではなく、単語として発音するものは<ACRONYM>というようになります。

なおFIREFOX(ブラウザ)では<ACRONYM>で囲んだ部分に下線が引かれた状態で表示されます。 またtitle属性を使用する事で、省略する前の言葉を指定できます。 title属性で指定した言葉は、該当(略語)部分にカーソルを当てるとツールチップで表示されます。

使用した時の例

<acronym title="Small Office Home Office">SOHO</acronym>についての説明です。

ブラウザ上の表示例

SOHOについての説明です。

SOHOにカーソルを当てるとtitle属性で指定した値が表示される

対応ブラウザなどのデータ

形式 <acronym>~</acronym> カテゴリ インライン要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer4~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。略語はすべて<ABBR>を用いる