<A>他のページにリンクする

<A>タグ「Anchor(アンカー)」では、任意のテキストや画像にリンク(ハイパーリンク)を設定する事ができます。 他のページとリンクをする場合は、リンク先(移動先)のページのURL(アドレス)を<A>のhref属性で指定します。

リンク先のURLは、絶対URL、相対URLのどちらでも指定することができますが、ファイルの位置関係を考えて決めましょう。

またリンクさせる部分のテキスト(アンカーテキスト)は、その部分だけを見ても具体的にリンク先の内容が連想できるようなものにして下さい。 例えば、「こちら」「ここをクリック」というようなリンクの仕方は、検索エンジンから評価されませんので控えましょう。

画像をリンクさせる場合は(imgタグの)altにリンク先が明確にわかるような代替テキストを必ず入れるようにして下さい。 なお<A>タグは入れ子に使う事はできませんので注意して下さい。

使用した時の例

<a href="url">通常のリンク</a>
<a href="url" target="_blank">別ウィンドウを開いてリンク</a>
<a href="#id名">ページ内の指定した場所に移動</a>
<a href="url#id名">別ページの特定した場所に移動</a>
<a href="mailto:メールアドレス">メールを送信</a>
<a href="url"><img src="画像url" alt="" />画像を使ったリンク</a>

ブラウザ上の表示例

属性

href="url" リンク先のurlの指定。メールソフトの起動などもできる
target="" 表示先のフレーム・ウィンドウ名の指定やtarget=""などで別画面でリンク先を開く事ができる
name="" リンク先の指定など
download="ファイル名" ダウンロード用のリンクであることを示す
rel="" この文書から見た関係
rev="" リンク先から見た関係
hreflang="" リンク先の言語コード
type="" リンク先のMIMEタイプ
charset="" リンク先の文字コード
shape="" イメージマップの領域の形状
coords="" イメージマップの領域の座標
i-モード用(スマホでない携帯電話)
cti="" 指定した番号へのダイヤル
utn="" 識別番号の送信
email="" 電話帳登録のメールアドレス指定
telbook="" 電話帳登録での名前指定
kana="" 電話帳登録のカナ指定
subject="" メール送信での件名の指定など
body="" メール送信での本文の指定など
ista="" iアプリの起動
ijam="" iアプリのダウンロード
ilet="" ダウンロード後起動するiアプリ
iswf="" flashの指定
irst="" 赤外線通信

対応ブラウザなどのデータ

形式 <a href="">~</a> カテゴリ フローコンテンツ / フレージングコンテンツ / インタラクティブコンテンツ / パルパブルコンテンツ
親要素 子要素にフレージングコンテンツを含める要素 子要素 トランスペアレント
開始タグ 必須 終了タグ 必須
分類 インライン要素
汎用属性 accesskey / class / contenteditable / dir / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では<A>タグの中にブロック要素を含んでも良い事になった