<TABLE frame="">テーブルの外枠の表示形式

<TABLE>タグにframe属性を設定すると、テーブル(表)全体を囲う外枠のうち上下左右のどの枠を表示させるか指定できます。

指定できる値はvoid(外枠なし)、above(上のみ)、below(下のみ)、hsides(上下のみ)、vsides(左右のみ)、lhs(左側のみ)、rhs(右側のみ)、box(外枠すべて)、border(四辺の縁取り)のいずれかとなります。

なおframe属性は非推奨とはされていません。 ですがテーブル(表)の枠線に関する表示設定は可能であればスタイルシートを利用した方がいいでしょう。

使用した時の例

<table border="4" frame="void">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="above">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="below">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="hsides">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="vsides">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="lhs">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="rhs">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="box">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="4" frame="border">
  <tr>
     <th>見出し1</th><th>見出し2</th><th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td><td>データ2</td><td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td><td>データ5</td><td>データ6</td>
  </tr>
</table>

ブラウザ上の表示例

void(なし)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

above(上のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

below(下のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

hsides(上下のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

vsides(左右のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

lhs(左のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

rhs(右のみ)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

box(上下左右)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

border(四辺の縁取り「※上下左右」)

見出し1見出し2見出し3
データ1データ2データ3
データ4データ5データ6

属性

frame="void" テーブル外枠の表示形式を下記より指定
  • void・・・・非表示(初期値)
  • above・・・・上のみ
  • below・・・・下のみ
  • hsides・・・・上下のみ
  • vsides・・・・左右のみ
  • lhs・・・・左側のみ
  • rhs・・・・右側のみ
  • box・・・・上下左右
  • border・・・・上下左右

対応ブラウザなどのデータ

形式 <TABLE frame="">~</TABLE> 分類 ブロックレベル要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須

HTML5での状況と関連情報

frame属性は、HTML5では廃止。代わりにスタイルシートのborderプロパティなどを利用しましょう。