<TABLE cellspacing="">セルの間隔を指定

<TABLE>タグのcellspacing属性は、それぞれのセルとセルの間隔を設定することができます。 またセルとテーブル(表)全体を囲う外枠線の間も同じ間隔となります。

なおcellspacing属性は非推奨とされていませんが、セルの間隔を調整する際はできる限りスタイルシートを使用したほうがいいでしょう。 スタイルシートで同様の設定をしたい場合はborder-spacingプロパティなどを利用します。

使用した時の例

<table border="2" cellspacing="0">
  <tr>
     <th>見出し1</th>
     <th>見出し2</th>
     <th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td>
     <td>データ2</td>
     <td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td>
     <td>データ5</td>
     <td>データ6</td>
  </tr>
</table>

<table border="2" cellspacing="6">
  <tr>
     <th>見出し1</th>
     <th>見出し2</th>
     <th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ1</td>
     <td>データ2</td>
     <td>データ3</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>データ4</td>
     <td>データ5</td>
     <td>データ6</td>
  </tr>
</table>

ブラウザ上の表示例

見出し1 見出し2 見出し3
データ1 データ2 データ3
データ4 データ5 データ6
見出し1 見出し2 見出し3
データ1 データ2 データ3
データ4 データ5 データ6

対応ブラウザなどのデータ

形式 <TABLE cellspacing="">~</TABLE> 分類 table:ブロックレベル要素
開始タグ 必須 終了タグ 必須
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~

HTML5での状況と関連情報

HTML5では廃止。スタイルシートのborder-spacingを利用しましょう。