<INPUT type="password">パスワードの入力欄を作る

<INPUT>タグのtype属性に「password」と記述すると、パスワードの入力欄を作ることができます。

このパスワード入力欄に入力された文字は直接表示されなくなり、一般的には「•」や「∗(アスタリスク)」に置き換えられて表示され、ブラウザ上では他の人から見えなくなります。 ただし返信されるデータが暗号化されるわけではありません。 あくまでも置き換えられるだけで、返信されたデータを見れば解読する事は容易にできてしまいますので、ご注意下さい。

また各属性で様々な設定ができます。 name属性では、このパスワード入力欄(テキストボックス)に名前を付ける事ができ、<FORM>のデータが送信される際に、この名前と入力欄に入力された内容が一緒に送られてきます。それによって受信データを見分ける事ができます。

size属性では、表示されるパスワード入力欄の幅を文字数で指定することができ、maxlength属性では入力できる最大の文字数を設定することができます。 またvalue属性を設定する事で、パスワード入力欄にあらかじめテキストを表示させておくことなども可能です。

使用した時の例

<p>パスワード:
<input type="password" name="pass" maxlength="8">
</p>

ブラウザ上の表示例

パスワード:

書式

  • <input type="password" name="名前" value="デフォルト文字" size="" maxlength="最大文字数"> ・・・・・・ パスワード入力欄の作成

属性

name="任意の名前" パスワード入力欄に名前を付ける
size="" 横幅を文字数で指定(初期値はブラウザによって異なる)
value="" 予め表示させるテキストを設定
maxlength="" 入力できる最大の文字数を指定

対応ブラウザなどのデータ

形式 <INPUT type="password"> 分類 インライン要素 / 置換要素
親要素 子要素にフレージングコンテンツを含める要素 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
汎用属性 accesskey / class / dir / id / lang / style / tabindex / title
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~