<TH width="" height="">テーブルセルのサイズ変更

テーブル(表)を作成する際に利用する<TABLE>内の<TH>タグ、または<TD>タグにwidth属性とheight属性を指定すると、セルの幅と高さのサイズを変更することができます。

width属性ではセルの幅を、height属性ではセルの高さを指定できます。 サイズを指定する際はピクセル単位で直接指定するか、テーブル(表)の大きさに対する割合をパーセンテージ(%)で指定するかのどちらかとなります。

なおHTML4.01では、width属性とheight属性は非推奨とされており、HTML5では廃止されています。 ですのでセルの幅と高さを指定する場合は、できるだけスタイルシートを利用するようにしましょう。

スタイルシートで指定する場合は、<th style="width:幅; height:高さ;">というように指定します。

使用した時の例

<table border="2">
  <tr>
     <th width="200" height="100">商品名</th><th>産地</th><th>価格</th>
  </tr>
  <tr>
     <td>サツマイモ</td><td>茨城県産</td><td>1,000円</td>
  </tr>
  <tr>
     <td>トマト</td><td>新潟県産</td><td>2,000円</td>
  </tr>
</table>

ブラウザ上の表示例

商品名産地価格
サツマイモ茨城県産1,000円
トマト新潟県産2,000円

属性

width="" thまたはtdのセルの横幅の指定
height="高さ" thまたはtdのセルの高さの指定

対応ブラウザなどのデータ

形式 <TH width="" height="">~</TH>
<TD width="" height="">~</TD>
分類 th,td:ブロックレベル要素
対応ブラウザ Internet Explorer2~

HTML5での状況と関連情報

width属性とheight属性は、HTML5では廃止。代わりにスタイルシートのwidth、heightプロパティを利用しましょう。