デスクトップ操作をGIF動画で録画するなら「LICEcap」が簡単

gifキャプチャー

デスクトップ上の操作などをgifアニメーションで録画(キャプチャー)できる「LICEcap」の紹介です!

pcの操作をアニメーションで録画したい時ってありますよね。 文字で説明してもわかりづらい事って、どうしてもあります。 そんな時は無料で使える「LICEcap」を使って、デスクトップ操作をgif録画(キャプチャー)しちゃいましょう!

「でも、gifでキャプチャーするのは難しそう」って思いますよね。 「LICEcap」はそんな事はなくて、1クリックするだけでgifでキャプチャーが簡単にできちゃいます。 もちろん難しい設定もありません! 超ー初心者向きといってもいいほど、シンプルで簡単にgif録画できるフリーソフトです。 ではさっそく使い方を紹介していきますね。

目次
LICEcapってなに?
LICEcapを入手しよう

LICEcapってなに?

gifキャプチャーの見本

「LICEcap」とは、パソコンの画面上の動作を超簡単に録画(キャプチャー)できる無料のgifレコーダーです。

使い方は簡単で録画開始ボタンを押して、保存先を指定したらキャプチャー開始! その後ストップボタンを押すとキャプチャー終了! キャプチャーが終了すると録画した動作がgif画像として保存されます。

こんな感じで超ー簡単にgifアニメーションを作る事ができます。 ちなみに上のgifアニメーションは、実際に「LICEcap」を使って作成したものです。 作成時間は5秒くらいw めちゃ簡単でしたw

それでは入手先と使い方を説明しますね。

LICEcapを入手しよう

まずは「LICEcap」を下のサイトからダウンロードしましょう!

LICEcap licecapダウンロード場所

ページの中腹くらいの「Download」と書かれている部分からダウンロードできます。 お使いのPCがwindowsの場合は「LICEcap v1.26 for Windows」macなら「LICEcap v1.25 for OSX」をクリックしてダウンロードします。

licecapのインストール方法

ダウンロード後、インストーラ―をダブルクリックして「LICEcap」をインストールしましょう!

インストールの手順

インストールの手順は「I agree」をクリック。

ショートカットの選択方法

デスクトップ画面とメニューにショートカットを表示するかどうかを選択し「next」をクリック。

※わからなければ、NEXTをクリック。

インストール先フォルダの選択方法

「LICEcap」をインストールするフォルダを選んで「Install」をクリック。

※わからなければ「install」をクリック。

インストールが完了したら早速「LICEcap」を開いてみましょう。 開き方は、デスクトップまたはメニューにある「LICEcap」のアイコンをダブルクリックです。

LICEcapの使い方

licecapを開いた時の例

「LICEcap」を開くと画像のようなウィンドウが開きます。 このウィンドウで囲まれている部分がgifでキャプチャーされます。 なので、動作をキャプチャーしたい部分にウィンドウを移動させましょう。

ちなみにこのウィンドウは、ドラッグで幅のサイズを変えたりすることができます。

gifキャプチャーする

recordの場所

動作を録画したい場所にウィンドウを移動させたら「Record(録画)」を押しましょう!

gif画像の保存先の指定方法

ボタンを押すとキャプチャーしたgif画像の保存先を指定することができます。 (録画前に保存先を指定しなければなりません) 保存先を決めたら「保存」ボタンを押しましょう!

ボタンを押すと録画が開始されます。

録画の停止方法

キャプチャーしたい動作を終えたら「stop」ボタンを押しましょう! ボタンを押すと録画が停止され、gif画像が選択した保存先へ保存されます。

機能の説明

機能の説明(max fpas、size)

細かい機能の説明です。 一応紹介しますが、なにも設定しなくても大丈夫です。

「Max FPS」で動画のフレームレートを指定することができます。 数値を上げれば、動画の動きは滑らかになりますが、ファイルサイズも大きくなります。

「size」でウィンドウの幅と高さを指定できます。 指定したい幅と高さの数値が決まってれば、ここに入力しましょう。

ダイアログで設定できる機能の説明

「Record(録画)」をクリック後に表示されるダイアログで設定できる項目です。 各項目をチェックすることで有効にすることができます。

title frame

アニメーション開始の前後に、タイトルフレームを表示する。 表示時間は右側の「〇sec」の部分に数値を入力。

表示するタイトルフレーム名は、「〇sec」の横にあるテキスト入力欄に入力する。(初期の状態でtitleと記述されている所)

「big font」をチェックすると大きな文字で表示されます。

elapsed time

経過時間をgif画像の右下に表示させる

mouse button press

録画中、マウスのボタンを押した時にエフェクト効果をつける。 (録画中は、エフェクト効果が表示されない。アニメーション再生時にのみ表示される)

GIF repeat count

gifのアニメーションを繰り返し再生する回数を決めます。 数値を入力した回数だけ再生されます。(0で無限再生)

Automatically stop after

右の「〇seconds」に入力した時間経過後、録画を自動で終了する

Control+Alt+P pauses recording

「Ctrl」+「Alt」+「P」同時押しで、録画を一時停止させる

insert text frame

録画中、ウィンドウ下にある「pause」をクリックすると出現する。 「insert..」をクリックでテキストボックスが出現。 そこにテキストを入力すると「title frame」下に入力したテキストが表示される。

Durationで表示時間、Alphaで背景の透明度を指定できる

※0で完全透明、1で不透明

unpauseをクリックすると再び録画が開始される

使い方と設定は、こんな感じです。 どうでしょうか?すごい簡単じゃないですか? たった数秒でできるしw

細かい設定はありますけど、何も設定しなくても使えます。 まさに初心者に優しい仕様ですよね。 ちなみに作ったgifアニメーションは、画像を貼る時と同じ方法でokです。 なので普通の画像を編集するより圧倒的に時間が掛かりません。 そして超ー楽ですw

でもきっと読者の方は、gifアニメーションをアップするだけで「すごい丁寧!!」って思ってくれるかもしれません。 実際には数秒しか掛かってないのに、そう思って頂ければ一石二鳥ですよね(^^♪

ただgif画像を縮小するとかなり粗くなります。 そして録画時間を長くするとファイルサイズがかなり大きくなるので、そこだけは注意して下さいね(^^♪ 以上、「pcの操作をgifキャプチャーする方法」でしたー(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング