無料レポートでどっさりと読者リストを収集する方法

無料レポートでリスト収集しよう
無料レポートでリストを集めよう

ビジネスの基本はリスト集めです。 そしてリストさえあえば何回でも復活できます。

もしもネットビジネスで失敗したとしても、リストにメールさえ送れば収益が発生します。 いわゆる、ゲームでゲームオーバーになってもコンテニューできるみたいな感じです。 だからこそ、ブログでのリスト集めは大切です。

で、そんなに大切なリスト集めですが、ブログ以外にもどっさりと読者のリストを収集できる便利なツールがあります。 それが、無料レポート!

無料レポートとは、ネット上で無料で配布するPDFファイル(電子データ)の事です。 いわゆる、役立つ情報を掲載した小冊子の事です。

無料レポートでどうやって読者リストを収集するのかというと、これをインターネット上で配布するのです。 そして配布する代わりに、メールアドレスを教えてもらうということです。 これをすることで、ネットビジネス初心者の方でも簡単にリストを集める事が可能です。

もちろん面倒な作業もいりません。 何もしなくても勝手に集まってきます。 そして集めたリストにメールを送るだけで結構な収入を稼ぐことができます。 リアルビジネスでは考えられないほど楽です!

では無料レポートをつかった読者リストの収集方法をご紹介しますね。

読者リストの収集方法

ネット上には無料レポートを集めてランキング紹介している無料レポートサイト(無料レポートスタンド)などが存在します。

これらのサイトからは無料レポートをダウンロードして見てみる事もできます。 いろんなレポートがあるので、見てるだけでも結構面白いです。

で、読者リスト収集方法なんですが、簡単にいうとこれらのサイトに掲載されているような無料レポートを作って、 あなたのブログやメルマガなどで配布すればいいだけです。 もちろん無料レポートを作ったら無料レポートスタンドにも登録しましょうね!

掲載すると読者リストを圧倒的に増やすことができます。(費用は無料です。サイトによって違うので確認して下さいね) なのであなたのブログやメルマガ、そして無料レポートスタンドで配布しましょう! そして資金が貯まってきたら、広告などを使って無料レポートを配布します。 そうすることで、かなりの速度でリストを集める事ができます。

リストが収集しやすくなる無料レポートの作り方!

無料レポートの作り方

無料レポートを作っても誰もダウンロードしてくれなければ意味がありませんよね。 なのでリスト収集しやすい(ダウンロードされやすい)レポートを作るようにしましょう! では実際に無料レポートを作ってみましょう!

市場調査をしてみる

市場調査をしてみる

まず無料レポートを作る前に市場調査してみましょう。

とりあえずレポートスタンドなどで、あなたがこれから作ってみようとしている無料レポートと、同じような無料レポートがないかチェックしてみます。 もし同じようなのがあれば、どのくらいダウンロードされているのか確認してみましょう。

これであなたが作ろうとしている無料レポートのニーズが分かります

タイトルを決める!

無料レポートで一番重要なのはタイトルです。中身よりも大事です。

ブログでも本でも同じなのですが、一番最初に見る所ってタイトルですよね。 タイトルが気になったから、クリックして記事のページへ行くし、タイトルが気になったから本屋で立ち読みしてみます。 つまりタイトルが気にならなければ、どんなに内容が良くても見られる事はないわけです。

なのでキャッチーな、人目を引くようなタイトルを考えてみて下さい。 もしも思いつかない場合は、無料レポートスタンドのランキング上位に入っているレポートのタイトルを参考にしてみて下さい。 きっと思いつきます。

目次を作ってみる

目次を作って見よう

簡単に目次を作ってみましょう。目次を考える事で構成も思いつきます。

デザインが思いつかなければ、ランキング上位のレポートをダウンロードして参考にしてみて下さい。 ただ、名前の通り「無料レポート」ですから、読者もそんなにレベルの高い情報は期待していません。 なので気軽に考えてみましょう。

評価してもらう

自分でこれは面白いと思っていても、実は面白くないかもしれません。 なので、誰かに無料レポートを評価してもらいましょう。

タイトルと目次も完成していますし、内容もほとんど決まっていますよね? とりあえず最低3人に聞いてみましょう。 そして「教えてー」「気になる」などなど、相手が興味をもってくれたらOKです。

話した内容をそのまま無料レポートに書きましょう!

それとひとつ注意してもらいたい所があります。 例えばレポートの内容が、20代で魚釣りをしている人向けの内容だったとします。 その場合、60代で釣りに興味もない人に話をした所で、興味をもってもらえるわけありません。

なので、しっかりターゲットの層に聞いて下さいね。

以上が「リストが収集しやすくなる無料レポートの作り方」です。 分野にもよりますけど、ページ数は10ページくらいあれば十分です。

それと、ノウハウブログを運営しているなら、ブログの記事をそのまま、まとめてレポートにするなどもできます。 内容もちょっと役立つ裏技や情報程度で十分です。 そんな質の高い情報を書く必要はありません。

つまり読者が「なるほどねー!」「知らなかったw」と感じるような豆知識や裏技など、 「伊藤家の食卓」みたいなイメージで作れば十分です。

無料なので、読者の期待値もそれほど高くはないですし、気軽に作ってみましょう。

ただ、読者の期待が低いだけに、期待を裏切ってしまうような、まったく役に立たないレポートを作ってしまいやすいので注意しましょうね。 逆にいい意味で期待を裏切ることができれば、ガンガンリストが収集できますよー(^^♪

以上「無料レポートでどっさりと読者リストを収集する方法」でしたー。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

頂いたコメント

  1. ヒロヤス より:

    ゆうさん、こんばんは
    ヒロヤスです。

    無料レポートはリスト集めに有効なのは知っていましたが
    こんなイメージで作っていけばいいのですね^^

    参考になりました。
    応援して帰ります。

    • ゆう。 より:

      ヒロヤスさん、こんにちわ(^^♪

      そうですねー、とりあえず中身よりもタイトルだけは
      気合を入れて考えた方がいいですよ(^-^)

      応援ありがとうございます(#^^#)

  2. くろすけ より:

    ゆうさん、はじめまして。
    くろすけと申します。

    タイトルってかなり重要ですよね。
    中身がどれほどいいものでもタイトルで
    惹きつけられなければ読まれることがないですし。

    タイトルに時間をかけてじっくりと考えるだけでも
    収集できる読者数に差が出てきそうです。

    無料レポートを作成する際は
    タイトルをしっかりと考えていこうと思います。

    • ゆう。 より:

      くろすけさん、こんにちわ(^^♪

      タイトルほど重要なものはないですよね(^^♪
      中身がどんなにスカスカの内容でもタイトルさえよければ
      DL数稼げますし。

      でも最近本屋にいくと、タイトルと最初の文章だけ頑張って、中身が残念な本が
      多い気がしますw

      ほんとタイトルだけは、考え抜いたほうがいいですよ(^^♪